同じSSをまとめているブログ

エレファント速報

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/01/21(日) 00:41:19.11 :9t9di5dZ0
ラブライブの合宿回をベースにした話です
一部にグロテスクで残虐な描写がありますので注意してください


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/01/21(日) 00:42:34.70 :9t9di5dZ0

海未「すっかり日が暮れてしまいましたね・・」

希「今日はここでテントを張ってキャンプをしましょう」

凛「え~キャンプ~?真姫ちゃん達の別荘まで降りた方がいいんじゃない?」

希「もう日が暮れちゃって足元が暗くて危ないからね・・転んでケガするのも嫌やろ?」

凛「まあ・・それはそうだけど・・」

海未「ほら凛!テントの支度をしますから手伝ってください!」

凛「はーい・・」

こうして凛たちは木の下にテントを張ってキャンプをすることになったんだ・・今思い返してみると無理にでもわがままを言って真姫ちゃんの別荘に降りるべきだったんだにゃ・・・そうすればあんな恐ろしい体験をしなくてすんだのに・・


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/01/21(日) 00:45:32.78 :9t9di5dZ0

希「海未ちゃーん!!鍋の準備できたで~ 食材とって~」

海未「はーい!」
希ちゃんと海未ちゃんは手際よくレトルトの食材を調理していく
バーナーの上にアルミ製の鍋を乗せてレトルト食品を投入し温める

海未「凛が好きだと思ってカップラーメンも買っていたんですよ♪」

凛「わーこれ凛の大好きなラーメンだにゃーありがとー海未ちゃーん・・」

最初から凛を登山に連れて行くつもりだったんだと思い乾いた笑いと共に溜息が出そうになった

希「ご飯炊けたで!!」
希ちゃんが元気のいい声ではんごうを取り出す
はんごうの中には白米がつやつやとおいしそうな光を出していた

凛「おいしそう!!」

希「えへへーちょっと味見・・」
希ちゃんはご飯粒をつまんで口の中に放り込んで咀嚼する

希「うーんおいしい100点満点!!」
希ちゃんは満足げな笑みを浮かべた