【ミリマス】乙女嵐と初詣


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/03(水) 17:01:45.55 ID:SK37WLJIo

===
予定は遅れに遅れていた。

既に集合時間を一時間もオーバーしているのに、未だ待ち合わせ場所に待ち人たちは現れず、

これが初めてのデートだったなら、そろそろ「約束をすっぽかされたかな?」とか
「俺、もしかしてからかわれた?」なんて不安な気持ちになりだしちゃうような頃合いだ。

電話は不通、既読も無し、なんの為の連絡手段なのかとスマホに当たるも無駄なこと。

「うぅ、寒ぃ......!」

寒風さし込むコートの頼りなさは俺の首を縮こまらせ、
無機質な生き物のような冬の空から目の前の雑踏へと視線を戻して考える。


2: ◆Xz5sQ/W/66 2018/01/03(水) 17:04:46.90 ID:SK37WLJIo


(まさかとは思うけど、アイツら事故にでもあったのか?)

とはいえ、それはあたらずといえども遠からず。

ほんの数時間前に年が明けたばかりの早朝の街は人で一杯。

交通量は普段の倍。雑踏の込み具合も倍、倍、倍。

それを見越して混雑するだろう駅から離れた場所で落ち合う約束を立てたのだが......

お生憎さま。新年めでたい元日じゃ、そんな小細工は通用せず。
見える範囲にはどよどよがややと人の群れ。

これを"事故"に例えて誰が怒ると言うものかよ。「どうしたもんかね」と時計を眺めた俺の横に、
後ろのコンビニから出て来た瑞希が「お待たせしました、プロデューサー」と並び立った。

「待っちゃいないさ、早かったな。用事の方ももういいのか?」

「はい、トイレもバッチリ。......あっ、それとですね」

ピースサインを見せた後で、彼女は左手に持っていた袋をガサゴソと鳴らし。

「こちら、温かいコーヒーをどうぞ。寒い駐車場に立ちっぱなしで、年明け早々風邪を引いてもいけませんから」

「サンキュ、瑞希」

「お礼なんて、別に。日頃からお世話になってますし......瑞希はできる女です」



続きを読む