千川ちひろ 「プロデューサーさんの唐揚げにレモンをかける」


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/01/10(水) 00:03:55.87 :MolQL9rh0

初投稿です。

~居酒屋~
P 「・・・・・・」
ちひろ「・・・何か問題でも?」
P 「いえ・・・」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/01/10(水) 00:15:51.70 :MolQL9rh0

ちひろ「冷めますよ?早く食べましょう」
P 「いやそうなんですけど・・・はい」
ちひろ「お腹いっぱいなら私食べますよ」
P 「いや食べますよ」

物事の結果というものには全て過程というものがある。まったくもってその通りだと思う。
私が今居酒屋で、向かいに座ったプロデューサーの唐揚げにレモンをかける、こんな些細な行為、些細な嫌がらせにも
れっきとした理由があることに、向かい合ったプロデューサーは気づくことができるだろうか。


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/01/10(水) 00:32:23.11 :MolQL9rh0

~事務所・今日の昼~
ちひろ「今日、飲みにでも行きませんか?」
P 「ええ、まあ、いいですけど」
ちひろ「良かった、何時ごろがいいですか?」
P 「今日の仕事が七時にテレビ局で終わりですから、そのあとならいくらでも」
ちひろ「了解です。で八時、駅前のいつもの居酒屋で。」

なるべく簡潔に。されど丁寧に。業務の上でプロデューサーと接するときに心がけている大事なことだ。
プロデューサーと仕事の上で一緒にいる時間は長い。彼が他のアイドルと接する時間ばかり目立っているような気がする、
というよりかは実際そうなんだけど、それでも「時間」だけなら私と接している時間が一番多いだろう。
そんな大事な時間に、慣れ慣れしくしすぎるのもどうなのかと思って、彼とのそこそこの距離感というものを探しつつ
今に至っている。


続きを読む