冬馬「お願いです!娘さんを俺に下さい!」黒井「ふざけるな!」


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/07(日) 17:58:41.33 ID:l4gZgsRc0

黒井「誰が貴様のような裏切り者の青二才に私の娘をやるものか!」


冬馬「この通りです!本当にお願いします!」


黒井「頭を下げても丁寧に言葉を使ってもダメなものはダメだ!」


黒井「貴様のような男が私の娘を幸せにできるものか!娘を幸せにできるのはこの私だけだ!」


冬馬「くっ...!」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/07(日) 18:01:17.91 ID:l4gZgsRc0

黒井「今回のことは聞かなかったことにしてやる、だが次また同じことをほざいてみろ!」


黒井「二度とアイドルができなくなるように貴様らジュピターが今いる事務所をつぶしてやる!」


黒井「そして貴様が二度と娘に近づけさせないようにしてやる!」


冬馬「っ......」


黒井「全く...娘も娘だ......、そもそも私の知らないところで一体どうやって知り合ったというのだ」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/07(日) 18:02:34.17 ID:l4gZgsRc0

冬馬「どうしてもダメなのか...」


黒井「くどいぞ!ダメなものはダメだ!」


冬馬「...わかった......あいつのことは諦める...」


黒井「...? ほう、意外と潔いじゃないか」


冬馬「その代わり、おっさん!アンタが欲しい!」


黒井「はぁ!?」



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/07(日) 18:04:28.37 ID:l4gZgsRc0

黒井「貴様ふざけてるのか!冗談も大概にしろ!」


冬馬「俺が冗談を言わない男なのはおっさんもよく知ってるだろ!」


黒井「だ、だが...私は男だぞ!」


冬馬「愛に性別なんて関係ねぇ!」


黒井「し、しかしだな...私ももうすぐ60に...」


冬馬「愛に年齢なんて関係ねぇ!」


黒井「いや待て...そもそも私と貴様は別事務所のアイドルと社長だ!そんなことが許されるわけが...」


冬馬「愛ならすべて許される!」


黒井「くっ...」



続きを読む