ことずきんちゃん


3: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/01/05(金) 22:34:09.88 ID:FAhl//pl.net

むかしむかしあるところに、とても可愛いことりちゃんがいました。

その子はいつもずきんを被っていたので、名前と合わせて『ことずきん』と呼ばれていました。

ある日のこと、ことずきんは突然お母さんに呼び出されました。

穂乃果「ことりちゃん大変!にこちゃ......おばあちゃんが病気になっちゃったんだって!」

穂乃果「きっと伝伝伝を無くしちゃったんだ......心配だから見に行って来てくれる?」

穂乃果「ことりちゃんが行けばきっと喜んでくれるから!」

ことり「はーい」



4: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/01/05(金) 22:34:45.55 ID:FAhl//pl.net

穂乃果「お土産は......花陽ちゃんが作ってくれたお米と......後は真姫ちゃんから貰った怪しい薬でいいかな」

穂乃果「飲むと体が熱くなるって言ってたけどなんのお薬なんだろう」

ことずきんが一人でおばあさんのところに行くのは初めてのこと。

だからお母さんは心配しています。

穂乃果「ことりちゃん、怪しい人に付いてったらだめだよ!」

穂乃果「後オオカミが出るから注意してね!」

穂乃果「オオカミ退治には何がいいんだろう......とりあえず包丁でも持ってく?」


5: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/01/05(金) 22:35:18.09 ID:FAhl//pl.net

お母さんは護身用に包丁や火縄銃を持たせようとします。

でもことずきんは受け取りませんでした。

ことり「大丈夫だよ、お母さん」

ことり「オオカミさんが出ても、付いていかないから」

穂乃果「うーん、分かった!」

穂乃果「気を付けてね!」

ことり「はーい。行ってきまーす」

こうしてことずきんはおばあさんの家へと向かいます。


6: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/01/05(金) 22:35:57.61 ID:FAhl//pl.net

おばあさんの家へは歩いて一時間ほどかかります。

その日はお日様も出ており、良いお散歩日和でした。

ことずきんがるんるん歩いていると、そこにオオカミがやってきました。

海未「こんにちは、ことり」

ことり「あ、海未ちゃん♡」

オオカミを見つけたことずきんは嬉しそうな声をあげ、オオカミに抱きつきます。

海未「赤いずきんもよく似合っていますね」

ことり「えへへぇ♡ありがとう♡」ギュゥ

海未ちゃんが大好きなことずきんには、オオカミが悪い動物に思えません。


続きを読む