提督「照月を拷問する


関連SS






1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/01/04(木) 09:29:01.33 :MFlnIKYH0

――初月の再教育が行われる数時間前

提督「さて......初月の再教育まで、まだ少し時間があるな」

提督「......茶でも飲むとするか」

提督「うむ、玄米茶をこたつで飲む。やはりこれが......」

??「............」トントン

提督「誰だ?」

照月「照月......です......」

提督「......やはり来たか......」ボソッ

提督「入れ!」

照月「し、失礼します」ガチャっ

提督「それで、何か用か?」

照月「そ、その......提督にお願いがあって来たんです」

提督「......その前に戸を閉めろ。隙間風が入って来る」

照月「あ、わあぁっ。ごめんなさいっ」パタン

照月「その、それで......」

提督「照月、お前もこたつに入れ。見ているだけで寒々しい」

照月「あ......は、はいっ」モゾモゾ

提督「............」にやり


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/01/04(木) 09:29:44.75 :MFlnIKYH0

提督「それで、何の要件だ?」

照月「は、はい......その......初月の事です」

提督「再教育は確定事項だ」

照月「そ、その事です!初月はまだここに来て間もないんです。ですから......」

提督「だから早いうちに躾けねばならん。そのための再教育だ」

照月「て、提督ご自身がされることはありますせんっ。私や秋月姉が責任を持って......」

提督「その結果がアレだ。分かるか?貴様らでは生ぬるいのだ」

照月「今度こそ!今度こそはきちんとやりますから!お願いです......初月が壊れちゃう......」

提督「そういって再び命令違反されたのではかなわん。今回は私が徹底的に行う」

照月「そこをなんとかっ!」

提督「くどいっ!貴様も再教育を受けたいかっ?」

照月「......ぐっ」

提督「ふんっ。ではそろそろ行かねばならんのでな」スッ

照月「......行かせません。こうなったら縋りついてでも提督を止めるんだから......」

提督「クックッ、その心意気だけは褒めてやろう。しかし......貴様の体は正直だなぁ」

照月「何を......あ、あれ?」グイッ


続きを読む