【ガヴドロ】サターニャ「大悪魔になるということ」


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/03(水) 16:39:01.70 ID:GlK7P5xA0

「遂に、遂に大悪魔になったわ!」

「おめでとうございます、サターニャさん!」

全身を跳ね上げ喜びを表現している赤髪の少女と、その姿を嬉しそうに眺める銀髪の少女。
二人がすっかり日も落ちた時刻にも関わらず騒いでいるのには理由がある。

まず大悪魔、という単語について説明しなければならない。



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/03(水) 16:40:34.79 ID:GlK7P5xA0

これは役職として存在するわけではなく、サターニャと呼ばれた赤髪の少女本人が定めた個人的なものに過ぎない。
特に捻りもなく強大な力を有した悪魔が名乗るに値するものらしく、子供の夢のようなものである。

その基準となるラインに届いたと本人が判断したのだからそれはきっと大悪魔なのだろう。

とはいえ子供のようにただただ力を欲していたわけではなく、有事の際に力不足で何もできないのが嫌だからという思いが根幹にあるらしい。



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/03(水) 16:41:19.89 ID:GlK7P5xA0

自負するだけあり、その力は今や魔界全体で見ても上から数えた方が早いほどの域にある。
元々身体能力など光るものがあり、かつ妙に自らに対しシビアなところがある彼女が強大な力を有するに至ったのはそうおかしいことでは無かったのかもしれない。

また、寝食を共にし、その並々ならぬ努力を側で支え続ける銀髪の少女、ラフィエルの存在も大きなところであった。

「これで堂々と大悪魔を名乗れるわ!」

「ずっと名乗っていた気もしますけど......?」

「う、うるさいわね」

そんな簡単なやり取りも、心の安寧を誘う。



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/03(水) 16:42:24.68 ID:GlK7P5xA0

......

「では今日は大悪魔サターニャ様生誕祭ということでぱーっと祝いましょう」

「......と思ったのですが材料が尽きかけてますね、買ってきます」

さすがに今回は買いに行かされることは無いらしい。
私が祝ってもらう立場なんだから当然でしょ、と笑みが溢れる。

「神足通でぱぱっと終わらせちゃいますねー」

直後、天使の力が解放される。
彼女の天使としての姿を見る機会はあまりなく、その背中に大きな羽を構えた姿の新鮮さに少し見入ってしまうほどだった。



続きを読む