杏子「さやかから芽が生えた」


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 00:29:58.71 :nL6G19Sx0

QB「遺体の鮮度を保ってどうするつもりなんだい?」

杏子「さやかを取り戻すんだ。体が無かったら困るだろ」

QB「無理だと思うけど......」

杏子「やれるだけのことはやるよ。まだグリーフシードのストックもある」

シュウウウ......

杏子「あれ?」


杏子「芽だ」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 00:32:48.80 :nL6G19Sx0

杏子「ちょっと顔貸しなよ」

まどか「あっ えっと......」

杏子「杏子だよ。佐倉杏子」

まどか「杏子ちゃん...」

杏子「さやかを元に戻したくないかい?」

まどか「できるの!?」

杏子「正直言ってわからない。でもやれるとこまで手伝ってほしいんだ」

まどか「うん! さやかちゃんを戻すためなら、わたし何でもするよ!」

杏子「そうか。心強いな。それともう一つ」

杏子「さやかから芽が生えたんだけど」

まどか「...は?」

杏子「いや、だから、芽がね」

まどか「杏子ちゃん何言ってるの? ふざけないで!」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/08/19(日) 00:36:18.92 :nL6G19Sx0

——夜——

まどか「見つからないね」

杏子「時間も遅いし、今日はもう帰るかい?」

まどか「その前に、さやかちゃん見に行ってもいい?」

杏子「いいよ」



まどか「さやかちゃん...... 聞こえる?」

杏子「知ってると思うけど、死んでるのと同じ状態なんだってさ。今は魔法で何とかしてる」

まどか「さやかちゃんにまた会いたいよ... 杏子ちゃん、明日も頑張ろうね!」

杏子「ああ!」

まどか「......芽、つんでいい?」


続きを読む