千歌「お帰りなさーい♡」


1: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2017/12/24(日) 19:56:05.67 ID:SAvs13YD.net

千歌「今日もお仕事お疲れ様♡」

千歌「ほらほら~早くお部屋行こ?」グイー

千歌「今日はーなんとー!クリスマスイブなので!」

千歌「そう!ターキーを買ってきました!」

千歌「くふふ...それと!ケーキ!」

千歌「ね?一緒に食べよ?」



3: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2017/12/24(日) 19:58:43.95 ID:SAvs13YD.net



曜「おかえりっ!」

曜「わっ!冷たい!寒かったでしょ?お風呂湧いてるよ!」

曜「それと今日はいろいろご馳走があるからさ!」

曜「ね?早くお風呂入って一緒にご飯食べよ!」

曜「え?い、一緒に?」

曜「そ......それは...まだダメ...///」


4: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2017/12/24(日) 20:01:01.79 ID:SAvs13YD.net



梨子「お帰りなさい♡」

梨子「鞄、預かるわね?」

梨子「先にお風呂にする?...うん、わかった」

梨子「そ、それとね?今日は...クリスマスイブだから...いろいろ手作りしてみたの...」

梨子「ち、ちゃんと作ったってば!」

梨子「もう...早くお風呂入って来て!」


6: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2017/12/24(日) 20:06:39.01 ID:SAvs13YD.net



ダイヤ「お帰りなさい」

チャイムを押したら私の可愛いお嫁さんがお出迎えしてくれた

ダイヤ「今日もお仕事お疲れ様です」

そういうといつものようにネクタイと鞄を取りリビングへと向かう

ダイヤ「今日は私とあなただけ...ですのでその...」

どうしたの?と少しからかうと頬を赤くしながら

ダイヤ「け、ケーキを!ケーキを買いましたので...ふ、2人で食べられますわ!」

本当にかわいい

ダイヤ「お夕飯の前にお風呂になさいますか?」

ダイヤ「では、湧いていますのでお先にどうぞ」

ダイヤ「えっ!?...わ、わたくしは...///」

ダイヤ「...っ///」

ダイヤ「で、では...お背中をお流ししますわ...///」

今夜は長い夜になりそうだ


続きを読む