ダイヤ「最愛のあなたへ」


1: 名無しで叶える物語(しうまい) 2017/12/10(日) 08:20:09.39 ID:fWoH6ZEU.net

ダイヤ「ぅ。ここは......?」

ダイヤ(清潔なベッド。腕から伸びる点滴の器具。どこかから漂う消毒液の匂い......)

ダイヤ(病院。倒れたんですのね、私。確かに今日は暑かったから、熱中症でしょうか)

ダイヤ(ナースコール......呼んだ方がいいんですのよね、これ。気は進みませんが)ポチッ

ダイヤ「......」

パタパタパタ...

看護師「失礼しまーす。あ、目が覚めたんですね。こんにちは。気分はいかがですか?」

ダイヤ「......前より好調なくらいですわ。手厚い治療を施していただいたようで、ありがとうございます」

看護師「いえいえ。親切な方が119番してくださったんですよ。それがなければ、最悪、命はなかったかも」

ダイヤ「そうですか。確かに、親切な方だったのでしょうね」

ダイヤ「私のようなホームレスに救急車を呼んで頂けるなんて」



2: 名無しで叶える物語(しうまい) 2017/12/10(日) 08:20:48.35 ID:fWoH6ZEU.net

看護師「......やっぱり。保険証どころか身分証も手荷物も何もない。服は洗ってなくてボロボロ。そうだとは思ってましたけど」

看護師「何か事情がおありなんですか? あなたのような若い女性がホームレスだなんて」

ダイヤ「服、交換して頂いたんですのね。手術着というのでしょうか。清潔で、とても助かりますわ」

看護師「......。お名前、聞かせてもらっても?」

ダイヤ「ゆえあって名と家は捨てましたもので。恩を仇で返すつもりはないのですが、こればかりは名乗れませんわ」

看護師「......少し、待っていてくださいね」

パタパタパタ...

ダイヤ「......」

パタパタ

看護師「すみません、お待たせしました。先生、どうぞ」

「ふーん。目が覚めたの。やつれて不健康そうな見た目のわりに元気そうね」

ダイヤ「!?」

「初めまして、名無しのホームレスさん。ご機嫌は如何かしら」

ダイヤ「......西木野、真姫」


続きを読む