【ラブライブ】海未「私の罪を」【仮面ライダーW】


1: ◆6cZRMaO/G6 2017/12/07(木) 20:46:45.24 ID:1DeH9Ig60

更新不定期・遅め。
台詞地の文混合。
短め。

前作あり。


以上のことが大丈夫な方はぜひお付き合いください。


2: ◆6cZRMaO/G6 2017/12/07(木) 21:00:48.10 ID:1DeH9Ig60

『復讐者A/やがて怪物という名の雨』



3: ◆6cZRMaO/G6 2017/12/07(木) 21:07:12.63 ID:1DeH9Ig60

ーーーーーー


しん、と。
静まり返った部屋。

季節はまだ夏で、外は恐らく太陽がジリジリと照りつけるように射していることでしょう。

けれど、この部屋のなかは熱を忘れたように冷たい。
それはここに貴女がいないからでしょう。

貴女がいないこの部屋は妙に広くて、どこか無機質で冷たい印象を受けてしまいます。


「..................」


誰もいない虚空を見つめながら、私は思い出していました。


2ヶ月前のこと。
あの、雨の日の出来事を。


ーーーーーー



4: ◆6cZRMaO/G6 2017/12/07(木) 21:14:58.05 ID:1DeH9Ig60

ーーーーーー



5: ◆6cZRMaO/G6 2017/12/07(木) 21:24:39.37 ID:1DeH9Ig60

ーーーーーー


海未「............ん」


まぶたを閉じていても感じる光。
ぼんやりする頭で考えます。

あぁ、もう朝なのですね。

昨晩は遅くまで、課題のレポートをしていたこともあり、どうもいまいち覚醒できていませんね。


海未「............あと......5分......」


そう呟いて、腕で目元を覆います。
......穂乃果が見ていたら、笑われそうな光景。

と、そこで、


「......クスクス」


笑い声。

人を笑うなんて......穂乃果は本当に失礼ですね。
まだ眠気の覚めない頭で考えーー!


海未「っ!!」バッ


飛び起きました。
それと同時に笑い声の主の方を見ました。


「グッスリ、だったね♪」

海未「うっ......」

「海未ちゃんにしては珍しいかも、ふふっ♪」

海未「......す、すみません。みっともないところを見せてしまいましたね」


ばつが悪く、目をそらします。

......が、まぁ、そうですね。
朝なのですから、ちゃんと言っておかないといけませんね。

反らしていた視線を正し、彼女の顔を見ます。
そして、


海未「おはようございます、ことり」

ことり「うん♪ おはよ、海未ちゃん」


続きを読む