【ミリマス】のり子「求ムVS マイ・リーズン」


1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/19(火) 02:41:03.60 ID:gG3V5o6J0

reason
和訳 理由、理性

※百合注意
書き溜めあり




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/19(火) 02:41:56.79 ID:gG3V5o6J0

紗代子 「えへへ、のり子さん大好きです」

アタシに抱きついて顔を擦り寄せてくる紗代子。香ってくる甘い匂い。外れそうな理性のタガ。今すぐに抱きしめたい気持ちを周りの視線でなんとか抑えている。
どうしてこんなことになっているかを説明するには少し時間を巻き戻す必要がある。


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/19(火) 02:43:07.98 ID:gG3V5o6J0

「さよちんが大変!」という海美からのメッセージがアタシの携帯を震わせた。見るや否や、アタシはバイクのエンジンキーを手にとって家から出ていた。海美の言葉だけじゃ何が起きているかわからない。でも、駆けつけなければならない。
劇場までの道すがら、何が起きているのか頭の中でぐるぐる考える。一番安心できる事態は、誰かが紗代子の鯛焼きを食べちゃってその火消しを押し付けられているパターン。
逆に安心できないパターンは...、考えるのはやめよう。とにかく今は駆けつけるべき。
アタシが間違えて事故など起こさないように安全運転は忘れずに。


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/19(火) 02:44:49.51 ID:gG3V5o6J0

劇場の控え室のドアを開けると、みんなの視線が一瞬でアタシに集まった。正座している莉緒さんとこのみさん。ふたりの前に、笑顔なのに、なんでかすっごい怖い雰囲気をまとっている歌織さん。ソファで体育座りしている涙目の環に、懸命に慰めている海美。
そして、そして、今まで見たことがないにやけ顔で、ふらふらと踊っている紗代子。
え?え?何この状況?アタシが予想していた事態にはどれも似ていなくて、呆然としたアタシはドアノブを握ったまま立ち尽くしていた。

スポンサーリンク



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/19(火) 02:46:09.66 ID:gG3V5o6J0

紗代子 「あ!のり子さんだ!」

アタシを見つけた紗代子がすっごい嬉しそうな顔をして近寄って来た。...と、思ったら全く止まる気配がなくてそのままアタシの胸にダイブ。戸惑うアタシと頬を桃色に染めている紗代子。何この状況!?何この状況!?

海美 「のりさん!来てくれたんだ!」

のり子「海美!何この状況!?説明して」

そう言いながら、紗代子をどうにかして引き剥がす。


続きを読む