【ミリマス】我が恋の運命に応えてあなたっ♪


1: ◆Xz5sQ/W/66 2017/12/18(月) 23:20:00.96 ID:YUfqXVrM0

※ 独自設定が多々あります。
===

少女は部屋に飛び込むなり。

「PさんPさん!」

「なんだ、百合子か、おはようさん」

「はい、おはようさんです」

と、朝の挨拶を男と交わし。

「早速ですけど、髪型、変じゃないですか? 寝癖とかついていませんか?」

「いや別に......いつもの編み込みが無いぐらいだな」

「そりゃそうです。今から編み込むんですから」

と、彼の真横に陣取った。

「百合子、近い」

「近くないです」

「あとな、百合子、これはなんだ?」

男は少女から手渡された一本の紐ゴムを見つめてそう尋ねた。彼女が言う。

スポンサーリンク



2: ◆Xz5sQ/W/66 2017/12/18(月) 23:22:40.30 ID:YUfqXVrMo


「Pさん、髪紐知らないんですか?」

「まさか」

「なら、別に訊かなくても――よいしょ」

少女は持参した卓上ミラーをテーブルの上にちょんと乗せ、
その隣にこれまた持って来ていたハードカバーの本を置き、

小首を傾げるようにして、可愛く鏡を覗きながら自身の髪をせっせせっせと編み込んでいく。

手慣れた手つきで進むその様子を、黙って見つめている男。

渡されたゴムを手持無沙汰気に伸び縮みさせ、作業が終わるのをジッと待つ。

「Pさん」

「ん」

「今日はゴム、つけてください」

言って、ニヤリと笑う少女。言われ、ニコリと笑う男。

二人はしばし微笑み合い、男は爽やかな笑顔のまま少女に手刀を振り下ろす。

「このアホめ!」

「あ痛ーっ!? どうして突然ぶつんですか!」

「朝から下ネタかますんじゃない! ゴムなら『結んでください』だろ!!」

「ゴムはゴムでも輪ゴムですよ! ほら、"今日、わゴムつけてください"って」

「いけしゃあしゃあとこの娘は......! イントネーションから違ったろうに」


続きを読む