千歌「曜ちゃん分が足りない」


1: 名無しで叶える物語(湖北省) 2017/12/18(月) 22:57:30.56 ID:KxRDbJ9M.net

曜「う~さぶさぶ、さぶぅ」

梨子「曜ちゃん大丈夫?」

千歌「寒がりだもんね~曜ちゃん。あっ、そうだ、よかったらこれ――」

梨子「これ、私のマフラー貸してあげる」

曜「そんな、悪いよ」

梨子「いいのいいの」グルグル

曜「えへへ......あったかぁい。くんくん......ちょっと梨子ちゃんの匂いがする?」

梨子「もう! 匂い嗅がないで!」

千歌「......」

千歌(......なんか最近、あんまり曜ちゃんに絡めてないなー......)




4: 名無しで叶える物語(湖北省) 2017/12/18(月) 23:01:58.86 ID:KxRDbJ9M.net

曜「えへへ......でもまだちょっとさぶい......」

梨子「最近は本当に寒いしね......」

千歌(こ、これはチャンス......!)

千歌「そんな寒がり曜ちゃんに、千歌ちゃんとっておきの寒さ対策を教えちゃいます!」

曜「えっ、なになに? そんなのあるの?」

千歌「うん、あるよ?」

梨子「私も気になるな、それ。どんな方法?」

千歌「それは......夜になってからのお楽しみです!」

梨子「えーなにそれー」

千歌「ともかく、曜ちゃんは今夜を楽しみにしてるといいよ?」

曜「うん......とりあえず、楽しみにしておくけど......いったい何なんだろうね?」

梨子「......さぁ?」

千歌「ふっふっふ......」


6: 名無しで叶える物語(湖北省) 2017/12/18(月) 23:05:25.60 ID:KxRDbJ9M.net

その日の夜

曜「――というわけで夜になったけど......千歌ちゃんからは何も連絡が来ず、何も起きず......」

曜「うーん何だったんだろう、千歌ちゃんの寒さ対策って......一応、気になってはいたんだけどなぁ」

曜「......考えてもしょうがないし、今日はもう寝ようかなぁ......あ?」

モゾモゾ

曜「......」

モゾモゾ

曜「......」

曜「......ベッドに何かいる!? な、なに!? 何なの!?」

モゾモゾ

曜「怪しすぎる......誰か呼んだ方がいいかも......」

???「......ハヤクキテー」

曜「......?」

???「ハヤクキテー、ハヤクキテヨー」

曜「......この声は......?」


続きを読む