【安価】勇者の休日


1: ◆7M0syXftfg 2017/12/16(土) 16:38:20.45 ID:E9ZlFwmx0

勇者「...」

勇者「これはやばい。何事にもやる気が起きない」


勇者は魔王を倒したが、目的を失ってしまった


勇者「これが魔王ロスって奴か」

勇者「...いや、何だそれ」

勇者「よし、ホリデーにしよう」

勇者「休日だ!」


2: ◆7M0syXftfg 2017/12/16(土) 16:42:40.07 ID:E9ZlFwmx0

男「よし、まずは占いでもして貰おう」


~占い屋~

勇者「ども」

占い師「おや、勇者様?」

勇者「俺の事を知っているのか?」

占い師「国中に名前とか顔とか噂とか知れ渡ってますよ」

勇者「あぁ、そう。ところでさ、俺のすべき事を占って欲しいんだ」

占い師「勿論占いますよ...むむむ」



3: ◆7M0syXftfg 2017/12/16(土) 16:45:55.00 ID:E9ZlFwmx0

下2>>占いの結果



4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/16(土) 16:46:45.79 ID:pCCvWxca0

嫁を探すべき



5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/16(土) 16:46:51.11 ID:dl041RP4O

魔王が遺した娘と結婚



6: ◆7M0syXftfg 2017/12/16(土) 16:55:59.67 ID:E9ZlFwmx0

占い師「...うーん」

勇者「見えたか?」

占い師「知って後悔しません?」

勇者「...うん。聞く」

占い師「『魔王が遺した娘と結婚しろ』ですって」

勇者「あー成る程。そういう事か」

勇者「やはり俺に魔王は欠かせない存在のようだ」

勇者「切っても切れない縁がある」



7: ◆7M0syXftfg 2017/12/16(土) 16:59:18.01 ID:E9ZlFwmx0

~魔王城~

勇者「この前は玉座までノンストップで突っ切ったからなぁ」

勇者「適当に歩き回ってみるか」


勇者は城内を歩き回る


勇者「思ったより広くないし、誰も居ねぇぞ?」

勇者「おや?」



8: ◆7M0syXftfg 2017/12/16(土) 17:01:26.36 ID:E9ZlFwmx0

地下への階段があった


勇者「ふむ、地下があるのか」


~地下~

勇者「流石に空気が湿っているな」

勇者「...お?あれは」



9: ◆7M0syXftfg 2017/12/16(土) 17:05:16.16 ID:E9ZlFwmx0

下2>>そこにあった物(生物ok)



10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/16(土) 17:06:13.78 ID:aBKaFRPDO

宝物庫



11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/16(土) 17:06:17.61 ID:Ubho8/0Ro

墓の前で泣いてる気弱そうな少女



12: ◆7M0syXftfg 2017/12/16(土) 17:16:50.05 ID:E9ZlFwmx0

そこには、とても質素ながら哀愁漂う墓があった

その墓前で、気弱そうな少女が一人泣いていた


勇者(やっべえこれ絶対駄目な奴だ)

勇者(あいつ絶対魔王の娘だろ...)

勇者(しかもお前の親殺したの俺だぞ!?)

勇者(くそぅ...どうした物か)



続きを読む