[ミリマス]真美「仮に、仮にだよ」雪歩「うん」


1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/16(土) 04:25:06.66 ID:mfr81ECi0

※百合注意
※キャラ崩壊注意
書き溜めあり



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/16(土) 04:26:40.58 ID:mfr81ECi0


真美「仮に、ゆきぴょんが女の子が好きだとするじゃん?」


雪歩「え?男の人はまだちょっと苦手だけど別に女の子が好きなわけじゃ」


真美「仮にだってば。それで、仮に女の子が好きだとして、年上と年下どっちが好き?」

雪歩「ええと...、ちょっと答えられないかな」

スポンサーリンク



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/16(土) 04:27:43.02 ID:mfr81ECi0

真美「...わかってるよ。ゆきぴょん」

雪歩「真美ちゃん、変なこと聞いてるってわかってくれたの」

真美「本当は年下って答えたいけど、素直に言えなかったんだよね。わかってるよ」

雪歩「ええ!?」

真美「ゆきぴょんは17歳だもんね。年下って言ったらまだ中学生ばっかりでリモコン扱いされるのが怖かったんだよね」

雪歩「それを言うならロリコン、いやロリコンでもないよ!」

真美「大丈夫。真美はわかってるから。大丈夫だよゆきぴょん」

雪歩「うぅ、絶対わかってないよ」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/16(土) 04:28:49.55 ID:mfr81ECi0


貴音「そうですよ、真美」


雪歩「し、四条さん!」

真美「うげ、お姫ちん。いつから聞いてたの?」

貴音「ふふ、とっぷしいくれっとです。それで雪歩が年下の女の子好きというのは間違っています」

雪歩「四条さん、説得しちゃってください」


続きを読む