【ポケモン】セレナ「サトシのお嫁さんを決めるコンテスト!?」


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 23:57:30.49 ID:Poqu6PijO

セレナ「それは本当なの!?」

ユリーカ「そうだよ!街で噂になってる」

セレナ「なら早くドレスに着替えて参加しないと!」

ユリーカ「頑張ってねセレナ!」


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 23:57:53.81 ID:Poqu6PijO

全財産をドレスにつぎ込んだセレナは家でドレスに着替えパーティ会場に向かった。

セレナ「(みんな...美人な人ばかり...でも!私は絶対にサトシに認められるんだから!)」

リーリエ「(絶対に負けません...)」

マオ「(わたしがサトシに選ばれるのよ)」


4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 23:58:33.93 ID:Poqu6PijO

サトシ「はぁ...」

二階の席から会場に集まった女性達を見下ろしていた荒んだ瞳の少年は溜息を吐いた。

オーキド「どうしたサトシよ?せっかくの君の花嫁を決めるパーティなのに溜息なんか...」

サトシ「博士...ここに集まってるのはポケモンマスターになった俺の名声に惹かれて集まった女ばかりだ...誰も本当の俺を見てくれない...やるだけ無駄だよ」

オーキド「サトシ...」


5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 23:59:15.75 ID:Poqu6PijO

司会者「それではまず!サトシ様の為に料理を作ってもらいます!」

司会者の合図で女性達は調理に取り掛かる。

リーリエ「(添加物たっぷりのスープを...)」

マオ「(アローラ名物を作ろう!)」

それぞれの想いが調理場に溢れる中でセレナはサトシ達と旅をしていた頃を思い出していた。

セレナ「(サトシとの思い出のマカロンを作ろう!...喜んでくれるかなサトシ?)」



6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/12(火) 23:59:41.78 ID:Poqu6PijO

テーブルに女性達が作った料理が置かれ、隣に居たオーキドは目を輝かせていた。

オーキド「どれも美味そうだなサトシよ!」

サトシ「...!」

次の瞬間、テーブルに置かれた料理を全てサトシはひっくり返した。それを見ていた女性達の心は粉々に砕け散る!

サトシ「こんなものが食えるか!」



続きを読む