女騎士「ねだやし!」


1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/11/12(日) 02:00:58 ID:AIDrjPRo

女騎士「オークは根絶やしだ」


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/11/12(日) 09:27:05 ID:OPkYHmKU

ゆるふわ日常アニメのタイトル風!






















2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/11/12(日) 02:02:50 ID:AIDrjPRo

〜とあるオークの村〜

ゴォォォォォ...
パチパチパチ...

オークA「う、わぁぁぁぁぁ!」

ザシュッ

オークB「ぎぃやあああああ」

ドスッ

女騎士「...」

ザッザッザッ


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/11/12(日) 02:06:54 ID:AIDrjPRo

それはまさに、火の海であった。
とある世界、とある国、とある小さな村
オークが住んでいる村。
今やそこが、火の海であった。

一面に転がるオークの肉塊。
焼けて異臭を放っている。
やったのは、誰だ?
やったのは

やったのは、彼女。
彼女とは、つまり

女騎士。


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/11/12(日) 02:08:53 ID:AIDrjPRo

ザッザッザッ

女騎士「...」

キョロキョロ

女騎士(もういないか...)

ガサッ

女騎士「!」

オークC「ひぃっ!」

ダダッ

女騎士「...」

オークC「ひぃ...い!い!い!」

ガクガク ブルブル


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/11/12(日) 02:12:36 ID:AIDrjPRo

女騎士「お前で最後だな」

ジャキッ

オークC「ひ、ひ、ひ...ひひひっひひっ」

女騎士「恐怖でおかしくなったか」

オークC「おっ俺はよ、オークだからよ...沢山人間を殺したし、女の魔法使いをなぶって犯したりもした...でっ、でもよ...」

オークC「おっ、お前ほど...こ、殺しちゃいねぇよ...」

女騎士「そうか」

ザシュッ


続きを読む