( ´_ゝ`) カツアゲ弁当のようです


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/12/07(木) 04:05:12.20 :Df9nnO090

初めて興味を持った料理は、豚カツだった。我が家で食卓に並ぶ豚カツと、他所で食べる豚カツはどこか違っている。幼いながらに疑問に思った。

母者に疑問をぶつけると、顔をほころばせて母者は答えてくれた。

@@@
@#_、_@
( ノ`) 流石は我が息子だね! うちの豚カツにはちょっとした工夫があって――

それからというもの、母者が台所に立つと、俺は傍にいって調理を観察するようになる。これが俺の趣味の原点だった。

最初は母者の手伝いから。次に包丁を持って食材を刻む。煮物、揚げ物を練習して、おかずの一品を任される。高校生の今では弁当を自作するようになった。

さて、今日は何を弁当のメインにしよう。昨日の晩飯の余りがあるので、おかずには困っていない。しかし、せめて一品だけでも今から作りたい。

( ́_ゝ`) 冷蔵庫になにかあるかな? ......お、これは!

そうだな、これならメインにふさわしい。さっそくの油の準備をしよう。


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/12/07(木) 04:05:36.75 :Df9nnO090

熱した油が衣のついた豚肉から水分を飛ばしていく。その際に跳ねた飛沫が、俺のエプロンに染みを作った。

( ́<_`;) おはよう、兄者――うわ、朝から揚げ物かよ!

( ́_ゝ`) おはよう。しかも豚カツだぞ。ふふふ

( ́<_`;) ええ......流石だな兄者......

( ́_ゝ`) まあ、弁当のおかずなんだけどな

( ́<_` ) なんだ、弁当のほうだったか。けど、豚カツかぁ......いいなぁ! うん、いい!

弟者がなにごとかを想像しながら、一人で頷いている。次になにを言い出すかは予想がついた。

( ́<_` ) 兄者。今日は俺の分の弁当も作ってくれよ!

( ́_ゝ`) 残念ながら、豚ロースが一枚しかなかった

( ́<_` ) 役立たずが

( ́_ゝ`) 俺が火を扱っていることを忘れるなよ弟者


続きを読む