梅木音葉、瀬名詩織「私達……っ」


1 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/13(水) 05:11:29.37 :HvlQXyw80

「あ、瀬名さん......おはようございます」

「奇遇ね、音葉さん......。今日はレッスンだったの?」

「いえ......コラムの書き直しがあったもので」

「そういえば......音葉さん、音楽雑誌でコラム持ってたものね......」

「はい......」

「そうね......」


2 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/13(水) 05:12:18.30 :HvlQXyw80

「..............................」
「..............................」


3 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/13(水) 05:12:46.76 :HvlQXyw80


「「......あの......」」


4 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/13(水) 05:13:33.86 :HvlQXyw80

「――せ、瀬名さんから......どうぞ......」

「――い、いえ......音葉さんこそ......」


5 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/13(水) 05:14:04.06 :HvlQXyw80

「そ、そ、そ、そうですね......。では失礼して......」

「は、はい......」

「――友達って......どう作るのでしょう」

「――友達......」


6 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします :2016/01/13(水) 05:14:40.12 :HvlQXyw80

「私......人と接するのが苦手で......音が波にように聞こえるので長い時間お話することができなくて......」

「わかります......。衣装を着けたりすると、意識が切り替わるんですけれど......」
続きを読む