喜多見柚「12月にトーセ゛ンのことを言うよっ」


1: ◆tues0FtkhQ 2017/12/02(土) 14:14:36.06 ID:HdYv0XEe0


モバマスの喜多見柚ちゃんのSSです。






2: ◆tues0FtkhQ 2017/12/02(土) 14:17:10.51 ID:HdYv0XEe0



P「たとえば?」


柚「寒い冬には、マフラーをっ!」


P「たしかに」


3: ◆tues0FtkhQ 2017/12/02(土) 14:17:56.73 ID:HdYv0XEe0


柚「ふふーん♪ パーカーにコートにマフラーで今の柚は最強だよ」

P「とりゃっ」

柚「うにゅっ! つーめーたーいーよっ!!」

P「調子に乗った柚が悪い」

柚「だからって首に手を入れるのは反則だよー」

P「手持ち無沙汰だったからつい」

柚「ついじゃ許されないよっ、しんしなしゃざいをよーきゅーするかも」

P「コンビニのおでんで」

柚「ゆるした!」

P(ちょろいな)

スポンサーリンク



4: ◆tues0FtkhQ 2017/12/02(土) 14:18:34.82 ID:HdYv0XEe0


柚「話を戻そう!」

P「はい」

柚「なんで柚たちは事務所から追い出されちゃったのカナ?」

P「なんででしょう」

柚「裕美ちゃん、目が笑ってなかったよ」

P「忍とあずきもすごい顔してた」

柚「も、もしかしてアタシたち、いらない子になっちゃったカモ!?」

P「そんなわけないでしょうが」ペチ

柚「ふにっ」


5: ◆tues0FtkhQ 2017/12/02(土) 14:19:33.65 ID:HdYv0XEe0


柚「さ、さすがのアタシでも分かってるよー」

P「ほんとか?」

柚「なにをかくそう今日はアタシの誕生日だ―っ♪ 柚、おたおめ!」

P「自分で言うのか」

柚「自分からシンコクしてった方が、いっぱい祝ってもらえるかなーって!」

P「ん。確かにみんなに祝ってもらえてたな」

柚「それからPサンの誕生日でもあるよっ」

P「それはまぁ、うん」

柚「ね。ということでふたり分のサプライズパーティが待ってるね」

P「もう全然サプライズしてないな」

柚「たしかにっ」

柚「でも、面白いバースデーになるならなんでもおっけーだよ」

P「柚らしいな。じゃあ、何してくれるか期待して待ってようか」

柚「へへっ、というわけでコンビニでも行って時間を潰そー」

柚「ちゃんとおごってもらうからね!」ビシッ

P「へいへい」


続きを読む