同じSSをまとめているブログ

エレファント速報

森きのこ!

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/25(土) 12:48:34.60ID:VvGA+ujF0

咲「...ん」

爽「あ、起きた?咲」

咲「身体...だるい...」

爽「ははっ。そりゃ昨日あんだけヤってばな」

咲「そういうこと大っぴらに言わないでください//」

爽「何今更恥ずかしがってんだよ」

爽「恋人同士なら当たり前の行為だろ?」なでっ

咲「んっ...」


☆関連記事☆

2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/25(土) 12:49:53.64 ID:VvGA+ujF0

爽「咲はほんと頭撫でられるの好きだな」なでなで

咲(情事の最中はただ乱暴なだけだけど)

咲(その後は人が変わったように優しくなるんだよね...爽さん)

爽「...」ぴたっ

咲「爽さん?」

爽「...」くりくりっ

咲「っ!?」びくんっ

爽「...」くりくり

咲「ちょ、耳いじくらないでくださ...っ」

爽「咲は耳が弱点、と」くりくり

咲「ひぁっ!」びくん


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/25(土) 12:50:48.09 ID:VvGA+ujF0

咲「や、やめてくださいってば!」がばっ

爽「......」じっ

咲(うっ...そんな真剣な目で見つめられると弱いよ...//)

爽「......咲」

咲「な、何ですか?」

爽 「ピアス開ける気ない?」

咲「......はぁ?」

爽「ほら、ここに安全ピンもあるし」

咲「せめてピアッサー使ってください!」


4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/25(土) 12:51:32.19 ID:VvGA+ujF0

爽「...」にい

咲(あ...いつもの飄々とした表情に戻ってる)

咲(何だか嫌な予感......)

咲「さ、爽さん...?」じりっ

爽「何で後じさるんだよ」すっ

咲「だ、だって爽さんが近づいてくるから...」じりっ

爽「咲が後ろに下がるからだろ」すっ


5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/25(土) 12:52:15.69 ID:VvGA+ujF0

咲「ちょ、それ以上近づかないでくださ...」じりっ

爽「!!咲危な...」

咲「......っ!!」どしんっ

咲「い、いたぁ...」じわっ

爽「咲はほんとドジっ子だなー。なにベッドから落ちてんの」

咲「誰のせいだと...つうっ」

爽「私のせいでもあるけど、咲が勝手に落ちたんだろ」

咲「うっ...それはそうですけど」


6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/25(土) 12:52:57.21 ID:VvGA+ujF0

爽「でも良い眺めだな 。咲」

咲「へ?」

爽「こうして素っ裸の咲を上から見下ろすのはかなり気分良いわ」

咲「なっ...//」

咲(そうだ、今一糸纏わぬ状態なんだったー!)あわわ

咲「あの、爽さん...シーツ貸してください」

爽「嫌だね」にやにや

咲「...いじわる」


7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/25(土) 12:53:45.94 ID:VvGA+ujF0

咲「なら、起こしてください」

爽「はいはい、お姫様」

爽「よいしょっと」ひょいっ

咲「わわっ」

爽「あんま暴れないでよ~落っことしちゃうから」

咲「...っ」ぎゅっ

爽「なに、咲。誘ってんの?」

咲「違います。落とされたくないからです」

爽「ちぇっ」どさっ


8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/25(土) 12:55:00.33 ID:VvGA+ujF0

爽「ってわけで。ピアス開けるぞ」

咲「...まだ続いてたんですか。その話題」

爽「うん。じゃあ開けるから」

咲「痛いから嫌です」

爽「大丈夫。痛いのは最初だけだから」

咲「そういう卑猥な言い方しないでください」

咲「だいたい何でいきなりピアスなんですか?」

爽「開けたくなったから」

咲「理由になってません!」


9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/25(土) 12:55:45.83 ID:VvGA+ujF0

爽「私が開けると言ったからには開ける」

咲「何様ですか」

爽「まあ安心しなって。事後処理はちゃんとしてやるからさ」

咲「爽さんが事後処理とか言うと何かいやらしいです」

爽「それは咲がそういうことばっか考えてるからだろ?」

咲「なっ...//」

爽「おーおー。耳まで赤くなっちゃってかわいー」

咲「か、からかわないでくださいっ//」


10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/25(土) 12:56:49.43 ID:VvGA+ujF0

咲「だいたい何でピアスなんて...」

爽「ん?それはだな...」

爽「咲の身体に、私のこの手で傷を残したくなったんだ」

咲「」

爽「さーきー?何固まってんだ?」つんつん

咲「......爽さんって、天性サディストだったんですね」

爽「咲がMだからちょうどいいじゃん。相性バッチリってか」

爽「Sの私とMの咲。惹かれ合うのは必然だったんだなー」


11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/25(土) 12:57:53.75 ID:VvGA+ujF0

咲「...私が爽さんに惹かれたのはそんな理由じゃありませんから」

爽「ふふん。そんなの分かってるって。咲は私みたく麻雀の強い人がタイプなんだろ?」

咲「確かに爽さんの麻雀にも惹かれましたけど。私は爽さん自身がす...」

爽「す、の後は?」

咲「うっ...す、 き...です//」

爽「私も好きだよ、咲」

咲「......知ってます//」


12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/25(土) 12:58:39.53 ID:VvGA+ujF0

爽「な、だからいいっしょ。咲」

咲「......ずるいです、爽さん」

爽「ん?」

咲「そんなこと言われたら私が断れないの知ってて...」

爽「......駄目?」

咲「はぁ...分かりました。やるなら早くしてください」

爽「いいのか?」

咲「......痛くしたら怒りますからね」


13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/25(土) 12:59:33.44 ID:VvGA+ujF0

爽「ありがと、咲」すっ

咲「......っ」びくっ

爽「力抜いて、緊張しないで」つぷ ...

咲「いっ、痛っ...」びくん!

咲(耳が焼け付くように痛いっ...)

爽「今、針が差し込んでるの分かる?」

咲「は、い...」

爽「我慢できなかったら私の背中に爪立てていいから」

咲「...う」ぎゅうっ


14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/25(土) 13:00:21.88 ID:VvGA+ujF0

爽「お、貫通したよ」

咲「い、た...ぁ...」

爽「そんな色っぽい声だすなよ」

咲「そ、んなこと言ったって...んっ...」

爽「やっぱ咲はMだな。じゃあ今度は抜くよ」

咲「はい...ぅ...っ」

爽「よし。抜いたぞ」

咲「はぁ...っ、 何か、まだ異物感が残ってます...」

爽「慣れるまでは皆そうだよ」


15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/25(土) 13:01:08.28 ID:VvGA+ujF0

爽「でも血が出てるな」ぺろっ

咲「んっ!」びくん

爽「...」ぺろぺろ

咲「やっ...耳朶舐めないで...」

爽「消毒してやってんだろ?」ぺろぺろ

爽「......よし。これでOK、と」ぺろっ

咲「はぁ...//」


16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/25(土) 13:02:06.71 ID:VvGA+ujF0

爽「...そんな潤んだ目で見られたらまたヤリたくなっちゃうなぁ」

咲「き、今日はもう無理ですっ//」

爽「冗談だよ。...半分だけな」

咲「え?」

爽「何でも。それより、これ」かちっ

咲「...?今、耳に何かしました?」

爽「ピアスはめたんだよ。私とお揃いのな」くいっ

咲「あ、今爽さんがしてるのと同じですか?」

爽「そ。失くすなよ?」


17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/25(土) 13:03:09.53 ID:VvGA+ujF0

咲「綺麗ですね...」

爽「...咲みたいだと思ったから」

咲「えっ?」

爽「咲の赤色がかった瞳を思い出したから。このピアス見たら」

咲「......」

爽「気づいたら買ってた」

咲「......」


18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/25(土) 13:03:59.55 ID:VvGA+ujF0

咲(えーとそれはつまり...)

咲(今日いきなり思いついたというわけじゃなくって)

咲(もともと私のために買ってくれてた...ってこと?)

咲「...っ//」ぼっ

爽「何赤くなってんだ?」

咲「な、何でもないですっ!それより...」

咲「ありがとうございます、爽さん。すごく嬉しいです」にこっ

爽「...っ//」どきっ


19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/25(土) 13:04:52.53 ID:VvGA+ujF0

咲「爽さん?」

爽「......咲が悪いんだからな」

咲「へ?」

爽「咲がそんな無防備に笑うから」

咲「だから何の話ですか?」

爽「うるさい。さ、もう1ラウンドやるぞ!」がばっ

咲「ええっ?今日はもう無理だってええええー!!」


――――――――

――――

――


20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/25(土) 13:05:54.18 ID:VvGA+ujF0

咲「ううう、腰が立たない...」ぐったり

爽「大丈夫か?」

咲「誰のせいだと...」

爽「まあまあ。今日はずっと傍で看病してやるからさ」

咲「当たり前です。...私、もうひと眠りしますから...」ふわあ...

爽「うん。お休み咲」

咲「はい...あ、ピアス、ほんとにありがと、ございました...」にこ

爽「......どういたしまして」


21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/11/25(土) 13:06:36.86 ID:VvGA+ujF0

咲「 ...」すーす ー


爽「...だからその笑顔がやばいんだっての//」

爽「分かってんのかね?このお姫様は...」はあ


カン