1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします:2017/11/21(火) 04:58:58.457 :ChQL6rOX0.net

シンジ「えっ?」

ミサト「データでわかってるから隠さなくていいわよ、家でもオナニーしてるんでしょ?」

シンジ「そっそれは...」

ミサト「わかってるから隠さなくていいって」

リツコ「エヴァとのシンクロとの影響か使徒の精神汚染が原因なのかはわからないわ、何せ男のパイロットのデータはあなたが初めてなのよ」

シンジ「そうれはわかりますけど...」

リツコ「大丈夫よ、異常なシンジくんの射精については必ず原因を突き止めるわ」

シンジ「そうじゃなくて、なんで二人がいるときに言うんですか?」

アスカ「...」

レイ「...」


7:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします:2017/11/21(火) 05:04:10.595 :ChQL6rOX0.net

リツコ「生活中に何があるかわからないから二人にも知ってもらう必要があるのよ」

アスカ「私達にバカシンジのお漏らしの面倒を見れっていうの?」

ミサト「何かと協力してあげないといけないでしょ?」

レイ「私はかまいません」

アスカ「はぁ?」

シンジ「綾波...その、ありがとう」

レイ「私は気にしないわ」

アスカ「何よ、家ではシンジの面倒見る事できないでしょ?」

レイ「問題が解決する間、私は碇君と一緒に暮らしてもかまいません」

ミサト「うーん、アスカが協力しないとなったらそれもありっちゃありよねー」

アスカ「ダメ!家では私がシンジの面倒みるから!」

リツコ「それじゃとりあえずはこの調子で面倒みることにするわ」

ミサト「じゃあ二人ともシンジくんをよろしくね」