リーリエ「楽しみです!サトシとデート...」


1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/21(火) 17:37:14.98 ID:rAsdq+e3O

リーリエ「さっきのジェットコースター怖かったです...」

サトシ「そうか?おれは普通に楽しめたけどな!」

リーリエ「さ、流石です...。この後はどこに行きますか?」

サトシ「そうだな...あれに入ろうぜ!」

リーリエ「お、お化け屋敷ですか!?」

サトシ「もしかして怖いのか?」

リーリエ「...さ、サトシと一緒なら大丈夫です!」

サトシ「なら行こうぜ」

リーリエ「はい///」



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/21(火) 17:37:50.40 ID:rAsdq+e3O

お化け屋敷に入った2人は暗い道をゆっくりと進んでいく。
アトラクションとは思えないぐらい怖い作りにリーリエは思わずサトシに抱きつく。

サトシ「大丈夫かよリーリエ」

リーリエ「こ、怖くて...歩けません」

サトシ「なら目を瞑っていろ...俺が出口まで連れて行ってやるからさ」

リーリエ「さ、サトシ...ありがとうございます」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/21(火) 18:28:26.10 ID:rAsdq+e3O

???「待ってもらおうか!」

サトシがリーリエの手を握ろうとした...その時だった。
背後の棺桶から声が聞こえ、中からスーツを着た糸目の男が出てくる。

タケシ「そんな女なんか放っておいて...デートを楽しもうぜサトシ」

サトシ「勿論さタケシ!」

リーリエ「な、何を言ってるんですかサトシ!?」

タケシ「外野は引っ込んでろ!」

口からボールを形成してタケシはそれをリーリエのオデコ目掛けて、投げつける。グギィと音が響く。リーリエは大の字になって倒れてしまった。

タケシ「行こうか...サトシ」

サトシ「あぁ...ずっと一緒だ」

タケシとサトシは互いに口づけを交わし、ウルトラホールをその場に創り出す。
2人は手を固く組み、ウルトラホールの中に消えていった。

ハッピーエンド


続きを読む