凛「かよちーん!ちゅーするにゃー!」 真姫「!?」


1:◆b4ctJeXiv2:2017/11/15(水) 08:45:57.54 ID:j+9Asr0a0

花陽「ちょ、ちょっと凛ちゃん!」

凛「どうしたにゃ?」

花陽「あ、えっと......あの......」

真姫「ち、ちゅーってどういうことよ!///」

凛「え?ちゅーはちゅーだよ?」

真姫「いやだから、あの」

花陽「真姫ちゃん、あとでわたしが説明するから」

凛「?」

花陽「凛ちゃん、とりあえずあとでね?」

凛「えー!?凛は今ちゅーしたいのー!!」

花陽「凛ちゃん!///」

真姫「ヴェェ///」

花陽「ダレカタスケテ-!」

―――

――




☆関連記事☆

2:◆b4ctJeXiv2:2017/11/15(水) 08:47:09.59 ID:j+9Asr0a0



――

―――

真姫「とりあえず落ち着いたわね」

花陽「ごめんね真姫ちゃん、助かったよ」

真姫「まあいいわ。で?なんなのアレ?」

花陽「え、えっとね......」

花陽「わたしと凛ちゃん、昔からお互いにちゅーし合ってて」

真姫「昔から?あなたたちいつから付き合ってるの?」

花陽「......そこなんだけどね、実はわたしと凛ちゃん、付き合ってるわけじゃないの」

真姫「え?」

花陽「付き合ってないんです」

真姫「えぇ......」

花陽「......で、凛ちゃんは仲良い友達同士はちゅーするものだってずっと前から思ってて」

真姫「予想の斜め上をいったわね......」


3:◆b4ctJeXiv2:2017/11/15(水) 08:47:42.76 ID:j+9Asr0a0

花陽「もちろん止めなきゃいけなかったんだけど、なかなか言い出せずにここまできちゃって」

真姫「周りの人たちは止めなかったの?」

花陽「多分みんなも変だとは思ってた、でも誰も止めなかったね」

花陽「凛ちゃんああ見えて結構繊細だから......誰も言わなかったのかも」

真姫「あぁ......あの子そういうところあるわよね」

花陽「うん、だからわたしも止めづらくて」

真姫「でもこのまま放っておくわけにもいかないでしょう」

花陽「だよね......」

真姫「その時がきたってことじゃない?正直に言いましょう」

花陽「......そうだね」

凛「あ、かよちん!真姫ちゃん!いきなりどっかいっちゃうなんてひどいにゃー!」

花陽「ごめんね凛ちゃん、ちょっと二人で話があって」

花陽「あとね、凛ちゃんにも話があるの」

凛「話?なんの?」

花陽「えっと......それは......」

真姫「花陽」

花陽「......うん」

凛「?」


4:◆b4ctJeXiv2:2017/11/15(水) 08:48:13.69 ID:j+9Asr0a0

花陽「えっとね、凛ちゃん。わたしたちこれまでずっとちゅーしてきたでしょ?」

凛「そうだね。凛とかよちんなかよしだもんね!」

花陽「それでね、そのことなんだけど」

凛「?」

花陽「なかよし同士でちゅーするの......ふつうじゃないの......」

凛「え?」

真姫「......」

凛「やだなぁ!いくら凛でもそんなの騙されないよ!」

凛「冗談はよしこさんってこの前見たアニメでも言ってたよ?」

真姫「フフッ」

花陽「」ギロッ

真姫「」ビクッ

花陽「......だっ、だからね?」

花陽「ちゅーは友達同士ではしないものなの......」

凛「え......?」


5:◆b4ctJeXiv2:2017/11/15(水) 08:49:31.45 ID:j+9Asr0a0

花陽「だって周りの仲良い子たち、みんなしてなかったでしょ?」

凛「で、でもかよちんはしてくれたよね?」

花陽「ごめんね、ほんとはわかってたんだけどなかなか言い出せなくて」

凛「それに周りの子たちも何も言ってこなかったし......」

花陽「凛ちゃんが繊細だから何も言わないでくれたんだと思う」

凛「そうなの......?」

花陽「受け入れられないかもしれないけどそうなんだよ凛ちゃん......そうだったんだよ......」

凛「そ、そんなぁ......かよちんとちゅーするのがおかしかったなんて......」

凛「にゃあ......」パタ-ン

花陽「凛ちゃん!?しっかりして!」

真姫(何これ)

―――

――




6:◆b4ctJeXiv2:2017/11/15(水) 08:50:12.59 ID:j+9Asr0a0



――

―――

凛「......」ズ-ン

花陽「どどどどうしよう真姫ちゃん!あれからずっとあんな調子だよ!」

真姫「困ったわね、正直ここまで落ち込むとは思ってなかったわ」

花陽「こんなの絵里ちゃんにモノマネが見つかってそんなこと言ってないって言われたとき以来だよ......」

真姫「そんなことあったの?」

花陽「気丈に振る舞ってたけど実は結構落ち込んでたんだよ、ていうか今もちょっと気にしてるよ」

真姫「よくわからないわ......」

花陽「それより真姫ちゃん!あのまま放っておけないよ!」

真姫「そうね、このままだとμ'sの活動に支障も出かねないし」

花陽「ちなみにあの状態になると1週間はあのままだよ」

真姫「うーん、どうしたら......」

真姫「あっ、いいこと思いついた」

花陽「ほんと!?」

真姫「この真姫ちゃんに任せなさい!きっと元気になってくれると思うわ!」

―――

――




7:◆b4ctJeXiv2:2017/11/15(水) 08:51:02.08 ID:j+9Asr0a0



――

―――

真姫「ということで、きょうはわたし達が凛をコーディネートするわ」

花陽「さすが真姫ちゃん!これなら凛ちゃんも元気になれるね!」

真姫「最近おしゃれ意識も芽生えてきたことでしょう?わたし達に任せなさい」

凛「や、えっと、あの」

真姫「いいのよ、お金の心配なんて」

凛「違うの、そうじゃなくて」

花陽「まだちょっと恥ずかしい?大丈夫、凛ちゃんは可愛いんだから」

真姫「さ、行くわよ凛」グイッ

凛「にゃあ~~~」ズルズル

―――

――




8:◆b4ctJeXiv2:2017/11/15(水) 08:51:39.77 ID:j+9Asr0a0



――

―――

真姫「このニットとかどう?我ながらいいセンスしてると思うけど」

花陽「それいいね!わたしはこのカーディガンを選んでみたよ」

凛「あ、あはは......どっちも可愛いね」

真姫「どうしたの凛?様子がおかしいけど」

花陽「やっぱり恥ずかしいかな?でも少しずつ慣れていけば―――」

凛「あのね、今シーズンの服、ついこの前買っちゃったの......」

まきぱな「え?」

凛「二人が選んでくれた服、どっちも持ってる......」

まきぱな「......」

―――

――




9:◆b4ctJeXiv2:2017/11/15(水) 08:52:21.53 ID:j+9Asr0a0



――

―――

花陽「だ、大失敗だよぉ~!!」

真姫「これは完璧に誤算だったわね......」

花陽「しかも凛ちゃんどっちも持ってたって!さすが隠れて勉強してただけあるよぉ......」

花陽「もうわたし達が凛ちゃんにコーディネートしてもらったほうがいいんじゃないかなあ」

真姫「そうね、じゃあ今度......ってそうじゃなくて!」

真姫「まだよ!まだ凛は元気になってないわ!」

真姫「次は花陽の番よ!」

花陽「わ、わたし!?」

真姫「凛の幼馴染だし何かいい考えとかあるんじゃない?」

花陽「うーん......凛ちゃんを元気にする方法......」

花陽「......そうだ、究極の一手があった」

真姫「本当に!?」

花陽「ズバリ食事です!落ち込んだ時も仲間とテーブルを囲めばたちまち元気になれる!」

真姫「花陽らしくていいじゃない!」

花陽「ふふん、我ながら名案だと思います!」

―――

――




10:◆b4ctJeXiv2:2017/11/15(水) 08:53:43.31 ID:j+9Asr0a0



――

―――

花陽「ということでいつものラーメン屋さんに来たよ!」

凛「どうしたの急に?」

花陽「たまには3人でラーメンでも食べようかって話になって」

真姫「今日はわたしの奢りよ、好きなのを選びなさい」

凛「ほんと?じゃあ塩にしよっかな」

花陽「塩?凛ちゃんもっとこってりしたのが好きじゃなかったっけ」

凛「うん、なんか今日はあまりそういう気分じゃなくて」

真姫「凛もあっさりしたラーメン食べるのね」

凛「凛だっていつもこってりしたのを食べてるわけじゃないにゃ......」

真姫「そ、そうよね、ごめんなさい」


「.........」ズルズルズル


真姫(なんで無言なのよ!なんか話しなさいよ!)

花陽(こんな重い雰囲気で話しづらいよ!)

真姫(雰囲気変えるために話すんでしょう!?あなた幼馴染でしょ!?)

花陽(そんな言うんだったら真姫ちゃんから話題振ってよ!)

凛「二人とも何コソコソ話してるにゃ......?」

まきぱな「はいっ、なんでもないです!」

―――

――




11:◆b4ctJeXiv2:2017/11/15(水) 08:54:58.96 ID:j+9Asr0a0



――

―――

花陽「うわーん、またダメだったよぉ!」

真姫「ラーメン作戦は失敗ね......今度こそいけると思ったんだけど」

花陽「お互い何も話さなかったのが敗因かもね......」

真姫「そうね......ごめんなさい、私も何かしなければいけなかったわ」

花陽「ううん、こっちこそごめんね」

花陽「でもどうしよう、もう打つ手がないよぉ」

真姫「うーーーん、参ったわね......あ」

真姫「凛?」

花陽「どうしたの凛ちゃん」

凛「かよちん、真姫ちゃん、話があるんだ」

凛「練習終わったら屋上に残ってもらえるかな?」

まきぱな「う、うん」

凛「じゃ、またあとでね」

スタスタ......パタン

まきぱな「......」


12:◆b4ctJeXiv2:2017/11/15(水) 08:55:37.59 ID:j+9Asr0a0

真姫「鬱陶しいって思われちゃったかしら」

花陽「どどどどどうしよう真姫ちゃん!!わたし凛ちゃんに嫌われたら生きていけない!!」

真姫「ちょ、落ち着いて花陽!まだそうと決まったわけじゃないわ」

花陽「でも......」

真姫「凛を信じましょう、もし本当に面倒だと思われてたんだったらちゃんと謝ればいいわ。あの子はきっと許してくれる」

花陽「うん......」

―――

――




13:◆b4ctJeXiv2:2017/11/15(水) 08:56:25.23 ID:j+9Asr0a0



――

―――

花陽「凛ちゃん」

真姫「来たわよ、凛」

凛「二人とも......じゃあ早速本題に入るね」

凛「......えっとね、最近の二人のことなんだけど」

まきぱな「」ビクッ

凛「凛のこと、慰めようとしてくれてたんだよね?」

真姫「え、えぇ」

花陽「そうね、凛ちゃんに元気になってもらいたくて」

凛「やっぱりそうだよね、ありがとね二人とも」

花陽「わたし達のことめんどくさいって思ってないの?」

凛「ううん、そんなこと思わないにゃ」

凛「二人が凛のために一生懸命してくれたことは伝わったし」

花陽「ほっ......」

凛「凛の方こそ変な態度とっちゃってごめんね?」

真姫「ううん、大丈夫よ」

凛「......それでね、ちゅーのことなんだけど」

花陽「っ......」

凛「実は凛も薄々気づいてたんだ、あれがおかしいって」

まきぱな「......」


14:◆b4ctJeXiv2:2017/11/15(水) 08:57:00.92 ID:j+9Asr0a0

凛「でも凛は......ずっと友達どうしでちゅーするのが普通だと思ってたし......そのことから目をそらしてただけなんだ」

花陽「凛ちゃん......」

凛「そこでね、凛思ったんだ」

凛「......か、かよちんと恋人同士になれば、ちゅーしてもおかしくないんじゃないかって///」

花陽「......ん?」

凛「だ、だから凛と付き合ってください!」

花陽「えっ?え???」

花陽「何言ってるのかわからないよ凛ちゃん?」

凛「だ、だから凛とお付き合いしてって......///」

花陽「......ピャ、ピャアアアアアアア!!!///」

花陽「ま、ままま真姫ちゃんどうしよう!?」

真姫「......そう言われてみればそうよね、なんでそれに気づかなかったのかしら」

花陽「真姫ちゃん!?」

真姫「あなた達もとから恋人っぽいじゃない、付き合っちゃえば?」

花陽「そ、そんな無責任な!///」

凛「か、かよちん?」

花陽「ハ、ハイッ!?」


15:◆b4ctJeXiv2:2017/11/15(水) 08:57:31.39 ID:j+9Asr0a0

凛「おへんじ......どうかな?」

花陽「わたしと凛ちゃんが恋人わたしと凛ちゃんが恋人わたしと凛ちゃんが恋人わたしと凛ちゃんが恋人.........」

凛「」ドキドキ

花陽「......ダ」

凛「ダ?」

花陽「ダレカタスケテ-......」パタ-ン

凛「かよちん?かよちん!!」

真姫(デジャヴ......)


16:◆b4ctJeXiv2:2017/11/15(水) 08:58:24.45 ID:j+9Asr0a0

かくして凛と花陽はめでたく付き合うことになったわ。

おかげでお互いに後ろめたさを感じずにキスできるようになったみたい。ただ......

人前でキスはしなくなったけど、わたしの前だと平気でイチャイチャしてる。

凛はともかく花陽までそこはあまり気にしてないみたい。


凛「かよちんかよちーん!」

花陽「なあに凛ちゃん?」

凛「ちゅーしよ?ちゅー♡」

花陽「ダメだよ、真姫ちゃんも見てるから......」

凛「だいじょーぶだいじょーぶ♡ね?しよ?♡」

花陽「もー、しょうがないなぁ♡」


いやそこは断りなさいよ。
ホントどうにかならないかしらこのバカップル......

おわり

続きを読む