P「お薬の力」


1: ◆10Upq4MUWY 2017/11/12(日) 22:23:45.28 ID:PUv0TwJK0

R18モノです。
よろしくお願いいたします。


2: ◆10Upq4MUWY 2017/11/12(日) 22:24:36.19 ID:PUv0TwJK0

Pと美波は来年のカレンダーの撮影のため都内某所に来ていた。

美波「どうですかこの衣装...少し如何わしいような気がしますが///」

P「すごくいいよ。若干エロいし(かわいい)」

美波「もう...Pさんまで///」

美波は普段話をしない(かなり距離感があったようだ)Pに予想外のことを言われ動揺した。

何を着ていたかは少し話す必要があるだろう。

美波の上半身はボンテージ衣装のインナーの上にチューブトップのフリルを組み合わせたようなものである。そして黒い手袋をつけている。

証言すれば胸開きのストラップレスブラにフリルで出来たストール状のボレロみたいなものがくっついた感じのもの(全体的に黒。但しフリルの内側は白い)を着ている。

下半身は黒いTバックと黒いガーターベルト、それからTバックをぎりぎり隠せるか隠せないかくらいの丈のプリーツスカート(黒いが、裾に黄色い線が入っている)をはいている。

足元は太ももまである靴下(ガーターベルトとつながっている)とふくらはぎまであるブーツを着ている。

魔女の衣装ということで魔女帽(黒)をかぶり、着丈が腰ほどあるマント(表面が黒・裏面がピンク)を羽織っている。

説明不足かもしれない。イメージがつかないのであればこのSSと関係ない絵師さんの画像を参考にして欲しい。なぜならこの絵をみてこれを書こうと思っていたのだから。

参考URL


本題に戻ろう。撮影というのは事務所発行のカレンダーの10月分の写真を撮りに来たのである。ハロウィンということで美波は上記の格好をしている。なぜ11月撮影なのかは突っ込んではならない。



続きを読む