エレナ「結婚しよ! プロデューサー!」【ミリマス】


1: ◆dwiL9FlWN.:2017/11/14(火) 22:54:10.11 :fcK3KsCz0

エレナ「ねぇねぇ! ケッコンしヨっ?」

P「は? 何言ってんだこんな真っ昼間から」

エレナ「え? ワタシ変なこと言ったかナ? ワタシはもう17歳だからケッコンできるよネ?」

P「出来るだけだぞ、普通はしないぞ」

エレナ「やっぱりできるんだネっ! ケッコンしよプロデューサー!」

P「会話のドッジボールやめろ」

エレナ「エー? ワタシ将来は子どもにサッカー習わせたいけど、プロデューサーはドッジボールがいいノ?」

P「会話のドッジボールの例文ありがとう」

エレナ「照れるヨー」


2: ◆dwiL9FlWN.:2017/11/14(火) 22:54:59.70 :fcK3KsCz0

P「ほんと何で急に結婚なんて言い出したんだ」

エレナ「プロデューサーのことが好きだからだヨー」

P「好きでも結婚てなると違うだろ? それに何事も順序ってものが」

エレナ「ジュンジョ?」

P「結婚する前にまずは恋人になるとか」

エレナ「そっか! プロデューサーはワタシと付き合いたいんだネっ!」

P「いやいやいやいや」

エレナ「遠慮しなくても付き合って1週間ですぐ結婚しようヨ!」

P「うーん......」


3: ◆dwiL9FlWN.:2017/11/14(火) 22:56:21.24 :fcK3KsCz0

P「だから何で結婚なんだ?」

エレナ「ママンにプロデューサーが好きなこと言ったら、プロデューサーが他の娘とケッコンする前に早くした方がって」

P「早すぎだろ」

エレナ「でもでも、時間ってあっという間だよ?」

P「そうなのか?」

エレナ「うん、ワタシ プロデューサーと会ってもうすごく時間が経った気がするヨ......」

P「確かに...... まだエレナがデビューしてから1年も経ってないのに、まるで4年半くらい一緒にやって来た気がするな」

エレナ「4年半くらい一緒...... ジッシツケッコン?」

P「そんな言葉どこで覚えた」


続きを読む