勇者「魔王城がなんかおかしい」


引用元:

1: ◆7Zp87oOK/2 2017/03/26(日) 18:54:06.03 ID:vZPncf+A0
戦士「ついに魔王城に着いたな」

魔法使い「いよいよね」

僧侶「神は私たちを見捨てはしませんでした」

戦士「当たり前だ。我々には使命があるのだからな」

勇者「ああ......」

戦士「だが、この先は魔王をはじめとして、これまでよりはるかに強い魔物が沢山いるだろう。気を引き締めて行こう」

魔法使い「ここまで来て色々考えても仕方ないわ。前進あるのみでしょ」

僧侶「私たちには神の祝福がありますよ」

戦士「神様もそうだが、我々は4人で魔物と戦うのではない」

戦士「魔物に居住地を奪われた村に住む人々の子孫、魔物との戦いで両親を亡くした者の子孫、魔物に連れ去られた王族の子孫......。我々はそういう人々の思いとともに戦うのだ」

魔法使い「ここが終着点であってはならないわ。ここから私たちの未来が始まるのよ」

僧侶「勇者さん、行きましょう!」

勇者「ああ。だが......」

勇者「魔王城がなんかおかしい」

SSWiki :





2: ◆7Zp87oOK/2 2017/03/26(日) 18:56:32.68 ID:vZPncf+A0
僧侶「......やっぱり変ですよね」

戦士「やはりその話題は避けられぬか」

魔法使い「城の周りを一周したけど、やっぱりおかしいわよね」

勇者「城壁も城門もない城なんて聞いたこともない」

僧侶「道に面していきなりドドーンと立ってますもんね、この建物」

魔法使い「それに、この建物も不思議よね」

勇者「ああ」

勇者「天を貫きそうな高さの素っ気ない直方体を、城と呼んでいいのか謎だ」

戦士「しかも、壁の石組みが全て透き通っているぞ。我々の知らぬ魔法によるものか?」

僧侶「透き通っているから硝子じゃないんですか?」

魔法使い「硝子を板の様な平面に加工できるとは思えないわ」

戦士「それに、硝子はせいぜい丸い小皿程度の大きさのものしか作れぬはずだ。壁一面をガラスにするなんてありえないだろう」

僧侶「確かに、教会のステンドグラスも歪んだ小さなガラスの組み合わせですし......」

勇者「魔界にしかない特殊な石を使ったのかもしれないな」



続きを読む