女騎士「くっ……殺せっ!」悟空「なに言ってんだおめぇ。」【後編】




の続きです

334 : ◆m2ofvJWBhA - 2017/10/22 16:26:13.86 EbC0nqN5o 235/462

地下牢衛兵「た、大変です!王宮が!」ハァハァ

地下牢衛兵2「一体どうしたというのだ」

地下牢衛兵「はっ!それが......その禍々しい光に包まれおります!」

地下牢衛兵2「な!?」ダッダッダッダッ

地下牢衛兵「ここの囚人はもうおりませんので、さっ!お早く!」

コクン

副隊長「ほら貴方も!」ダッダッダッダッ

悟空「お、おう!」ダッダッダッダッ

335 : ◆m2ofvJWBhA - 2017/10/22 16:27:37.91 EbC0nqN5o 236/462

~~
王都郊外

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

地下牢衛兵2「な、なんというこだ......」アゼン

副隊長「何よあれ」アゼン

悟空「すんげぇーやな気を感じんぞ」キン

副隊長「えぇ。一体王宮は......」ハッ

副隊長「こうしてはいられませんことよ!」

副隊長「もしもの為に、ここをセーフティハウスにします!衛兵さんあなた私の指示に従ってちょうだい」

地下牢衛兵2「も、もしもとは......その...」

副隊長「考えるのは後!結果の準備をします!」

副隊長「あなたは近隣に走って避難誘導を!」

地下牢衛兵2「はっ!!」ビシッ

悟空「オラはどうしたらいいんだ?」

副隊長「......心苦しいのですが貴方には王宮へ行って、隊長をお願いしますわ」ポワポワ

キュピーン

悟空「なんかあったけぇーぞ?」

副隊長「全力とまではいきませんが少しだけ回復しましたのよ」

副隊長「私ではあの中を突破できそうにありませんから......」ショボン

悟空「サンキューな!」ニッ

悟空「それとおめぇ」

副隊長「なんです?」

悟空「しゃべり方変わっちまってんな!」

副隊長「これでも伯爵家の生まれですのよ。素はこっち!......ってそんなことはいいのよ!」

悟空「ハハッ」

副隊長「...くれぐれも宜しくお願いします」ビシッ

悟空「おうっ!」ファァァ

バシューーン

地下牢衛兵2「......そ、空飛んでいきましたね」

副隊長「......ハハハ......」

続きを読む