ミリP「紬の親愛度が限界突破した……」


1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/12(木) 22:28:01.76 ID:kNF0HWkdo

とある朝

P「うーん、今日もいい天気だ。絶好のプロデュース日和だな!
......と、あそこで歩いているのはもしかして......」

紬「......」


P「おはよう、紬! ずいぶん早いんだな」

紬「きゃあっ!? プ、プロデューサー......!」

P「おっと、悪い。驚かせちゃったか?」




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/12(木) 22:29:09.39 ID:kNF0HWkdo

紬「い......今の私の反応を見て、聞かなければ分からないのですか?」

P「いや、そんなことはないけど......」

紬「まったく、あなたという方は......。
大体、突然あのように爽やかに声をかけるなど、
一体どこまで私をドキドキさせれば気が済むのですか?」

P「ごめんごめん、悪かっ......ん?」

紬「? どうかしましたか、プロデューサー?」

P「ああ、いやなんでもない。それよりほら、劇場に行こう。
紬も今から行くところだったんだよな?」

紬「......!」

スポンサーリンク



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/12(木) 22:29:40.64 ID:kNF0HWkdo

P「なんだ? 今度は何が......」

紬「い、今から劇場までの距離を、並んで歩けと仰るのですか......」

P「え? ああ、うん、まあそうだけど」

紬「まさか、いつか行うデートの練習のために......?」

P「は?」

紬「そ、そんなんいきなり言われても、うち......!」

P「いや、言ってない。誰もそんなこと言ってないぞ紬」


続きを読む