【アイマス】亜美「手のツボマッサージ」


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/11(水) 21:10:38.57 ID:MQMo/z8/o

初SS
書き溜めしてるので早めに終わる予定。
「手のツボ」とかで画像検索しとくとちょっとだけ幸せな気分になれます。



2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/11(水) 21:12:42.64 ID:MQMo/z8/o

P「で、それが何だって?」

亜美「手のツボ一覧表だよ兄ちゃん!」

P「まぁ病院関係者なら見る機会も少なくないか」

亜美「そだねー、パパの机の上に置いてあったのをちょっと借りてきたのさー」

P「ちゃんと返しておけよ。大事なものかもしれないからな」

亜美「わかってるよー。というわけで兄ちゃん、亜美がツボマッサージしたげるよ~ん」

P「本当か?他意がなければ是非お願いしたいんだが・・・」

亜美「え?鯛なんてどこにもないよ?」

P「『他意』な。マッサージ以外になんかしでかさないかってこと」

亜美「そんなんするわけないじゃーん。亜美だよ?」

P「亜美だから確認しているんだよ?」



3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/11(水) 21:14:13.83 ID:MQMo/z8/o

亜美「まぁまぁ!今日は本当に何もしないって!」

亜美「単純にこの一覧表が使えるか試してみたいジャーん」

P「はぁ、まぁそう言うならお願いしようかな。最近手もこってる気がするし」

亜美「まっかせてよん!さぁさ兄ちゃん、お手手を出して~」

P「ほい」スッ

亜美「わ~、兄ちゃんの手って意外とキレイだねぃ。もっとゴツゴツしてる物と思ってたよ」

P「一応、まだ20代だからな。ナイスミドルはこれからだ」

亜美「それじゃ、さっそくツボを刺激していきマース」

P「お手柔らかに頼むよ」

亜美「んーどこにしよっかなー」サスサス

P「うへっ」

亜美「どったの兄ちゃん、気持ち悪い声出して?」

P「いや、ちょっとくすぐったかっただけだ。不意打ちで変な声が出てしまった」



続きを読む