モバP「ラッキースケベを習得したい」


1: ◆NNLEs6yYIM0f 2017/08/31(木) 17:29:43.33 ID:8AZy/AdA0

P「それにはまず、エ口の違いについて語らなければなりません」

ちひろ「はい?」

P「その物語や作品内で必要なエ口ってありますよね」

P「例えば、――浮気している妻の現場を見てしまい、夫が怒り狂い勢い余って殺害!」

P「こんな感じの事件を解決するドラマがあったとしますよ?」

ちひろ「は、はい......」

ちひろ(仕事中になにを言い出しているんでしょう、このプロデューサー)

P「夫が目撃した浮気の現場がお手々繋いで仲良くデートとかじゃドラマとして相応しくない気がしません?」

P「こう、怒り狂うのも頷けるコトがないと殺人事件に繋がらないと思いませんか?」

ちひろ「はあ......」

P「子作り現場おさえちゃったら、『あぁ、そりゃあ気の毒......』ってなるじゃないですか!??」

P「だから昼ドラとかのエ口は必要なエ口!名付けるなら『劇場型エ口』ですっ!!」

ちひろ(もう仕事に戻ってもいいかな?)


2: ◆NNLEs6yYIM0f 2017/08/31(木) 17:38:11.62 ID:8AZy/AdA0

P「ただ不必要なエ口もあります!」

P「最近多いですよね、意味のあるのか分からないパンチラとか裸体とか!」

P「でもそれは泥沼な昼ドラのエ口と違い、清々しいエ口!!」

P「ラッキースケベはその究極だと思うんです!」

P「これに名前を付けるならば、神様の名前を借りて『矢吹型エ口』!!」

P「――プロデューサーとしてアイドルに手を出すのはダメなことです!」

P「でも、ラッキースケベマスターとしてアイドルとのえっちぃコトは許されるはずです!!」

ちひろ「......」カタカタ

P「俺も甘い蜜が吸いたい!舐めたい!しゃぶりたい!」

P「俺はなりますよ?絶対にラッキースケベマスターになってやりますから!!」

ちひろ(それを私に宣言されても......)



続きを読む