モバマスP「それはある朝、突然に」


1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/10(火) 18:31:52.57 ID:9oywUm4B0

ふと、周子のことが好きだという事に気付いた。



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/10(火) 18:43:01.28 ID:9oywUm4B0

特に理由やきっかけはない。

目が覚めたら、周子の顔が頭を過ぎり「好きだ」という言葉が出て来た。

それから、今まで共にしてきた周子の様々な表情を急に思い出して、なんとも言い難い幸福感が胸の中を満たした。


P「......」


今まで仕事をしてきて、こんな経験は初めてだ。

今日もLiPPSのメンバーと打ち合わせがあるのに、どうしたものか。

スポンサーリンク



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/10(火) 18:56:05.24 ID:9oywUm4B0

などと悩んでいても、仕事の時間はやって来る。

極めて平静を装って仕事に励むつもりだったが、様子がおかしいとちひろさんに指摘されてしまった。


ちひろ「プロデューサーさん? どうかしましたか?」

P「い、いえ? 何も......」

ちひろ「じー......」

P「......」

ちひろ「本当、何にもないですか? 何か、悩みとか」

P「ええ、まぁ」

ちひろ「ならいいんですけど......何か困った事があったらすぐに言ってくださいね?」

ちひろ「みんなに心配かけちゃダメですからね」

P「......はい」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/10(火) 19:10:01.41 ID:9oywUm4B0

付き合いの長いちひろさんには直ぐに見抜かれてしまった。

流石に、悩みの中身まではバレていないが......果たして、他のアイドル達に隠し通せるだろうか?

特に周子は一番付き合いの長いアイドルだ。一時期は同棲していた事もある。

いつも通りに接する事ができるだろうか?


周子「おっはよー」


ちひろ「おはようございます」


そして、ドアの向こうからやって来た彼女。

何度も見ている筈の顔なのに、妙に落ち着かない。


周子「んー? どしたん?」


挨拶を返さない俺を、不思議そうに覗き込む周子。

とりあえずはいつも通り、そう、いつも通りに。

自分にそう言い聞かせて、挨拶を返すべく口を開く。


続きを読む