時子「アァ? 今日が法子の誕生日ですって?」


1: ◆R4LxbbyKhE 2017/10/10(火) 06:13:28.12 ID:auAvmE9i0

【モバマスSS】です


――――プロダクション、事務室

時子「そんなこと、言われなくても知っているわよ。ちひろが以前からカレンダーに書いていたもの」

つかさ「だったら早く祝いに行ってあげたほうがいんじゃね? ちょうど今、色んなメンツでパーティーしながら祝ってるようだし」

時子「あらつかさ、貴女がわざわざそんなことを気にするなんて、どういう風の吹き回しかしら?」

つかさ「いや別に。でもほら言うじゃん、親しき仲にも礼儀ありって。大事だろ、そういうのさ」

時子「礼儀が必要なほど親しくはないわよ、私とあの子は」

つかさ「えっ」

時子「なによ」

つかさ「いや、マジで言ってんの時子さん? マジならちょっと引くわ、ないわー」

時子「......躾けるわよ?」

つかさ「そいつは勘弁。でもあれだけ懐いてくれてる相手に親しくないってのはどうよ?」

時子「向こうが勝手にしているだけのことよ。私としては......正直なところ、理解できないわ」ハァ





2: ◆R4LxbbyKhE 2017/10/10(火) 06:14:07.00 ID:auAvmE9i0

※財前時子様



※桐生つかさ

/div>

スポンサーリンク



3: ◆R4LxbbyKhE 2017/10/10(火) 06:16:27.17 ID:auAvmE9i0


つかさ「......あっ、理解出来ない。なるほどね、そういうこと。......ふむ、なら前言撤回、いいじゃんそういう仲」ニッ

時子「貴女、勝手に一人で納得してなに笑っているのよ。気持ち悪いわね」

つかさ「これでもアイドルしてる身に、気持ち悪いは少し傷つくんだけど」

時子「言われてもしょうがないわよ。今のつかさは勘違いで一人悦に入っている哀れな存在だもの」

つかさ「へぇ、アタシがどう勘違いしてるって?」

時子「まず、私は法子とは親しくないのは事実よ。あの子が私の領域に勝手に入り込んでうろついているだけ、分かるわね?」

つかさ「なるほど」

時子「目障りだから払いのけるために相手をしているだけで、あの子を大事にしているだなんて勘違いをする連中もいるけれど」

つかさ(どう見ても大事にしてるようにしか見えないことだらけなんだよなー)

時子「そもそも、あの子にはもっと相応しい場所があるのよ。仲良くするべき人物は他に大勢いるわ」

――ガタッ

つかさ(ん......?)

時子「私に構わず、持つべき友人と、愛される場所でのんきに笑っていれば、それで良いのよあの子は」


続きを読む