奏「162’sと髪型の話」


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/10/04(水) 22:25:32.77ID:Axpv9+A30

162cmである
文香、奏、美嘉によるオリジナルユニット162’sのssです
他にも162cmはいるけど気にしたらいけない



前前作



前作

別に読まなくて大丈夫です


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/10/04(水) 22:26:18.64ID:Axpv9+A30

楽屋

美嘉「撮影おつかれ~★」

奏「お疲れ様」

文香「お疲れ様です......今日の撮影はとても疲れました......」


奏「前髪、上げてるものね」

美嘉「珍しいよね~せっかく綺麗な目なんだからいつも上げてみたら?」

文香「いえ......私は......恥ずかしいので......」

美嘉「もったいないなぁ」


☆関連記事☆

3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/10/04(水) 22:27:10.77 ID:Axpv9+A30

奏「美嘉は今日髪の毛下ろしてるわね」

美嘉「そうだよー、2人の落ち着いた雰囲気にはこの髪型が1番いいかなって★」

文香「髪が長いといろんな髪型ができていいですね......」

奏「私も昔はロングだったからわかるわ」

美嘉「うっそ!奏ロングだったの!?」

奏「ええ、そうよ。意外だったかしら?」

文香「奏さんは今の髪型のイメージが強いので......意外です......」


4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/10/04(水) 22:27:43.12 ID:Axpv9+A30

美嘉「ねえねえ、写真とかないの?」

奏「あるにはあるけど......」

美嘉「よかったら見せてくれない?」

文香「私も......気になります......」

奏「ダメよ、恥ずかしいじゃない」

美嘉「えー、いいじゃーん」

奏「ダーメ、写真っていっても中学の卒アルだもの」

美嘉「気になるなぁ」

文香「私も気になりますけど......嫌がってる人に無理やり見せて貰うのはよくないと思います」

美嘉「そっかー、そうだよね」


5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/10/04(水) 22:28:13.06 ID:Axpv9+A30

奏「文香はずっとその髪型なの?」

文香「はい......小さいころからずっとこの髪型です......」

文香「変わろうとしたことがなかったもので......」

美嘉「でもアイドルになってから結構変わったんじゃない?」

文香「はい......前髪を上げる機会も増えているのにまだまだ慣れません......」

奏「それは変わろうとしているってことだからいいと思うわよ」

文香「ありがとうございます......」


6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/10/04(水) 22:29:00.58 ID:Axpv9+A30

美嘉「来週はこの3人でテレビだっけ?」

奏「ええ、たしか番組名は『マッスルキャッスル』ね」

文香「テレビなんて緊張します......」

美嘉「大丈夫だって★3人いれば怖くないよ!」

奏「一応クイズ番組でしょ?勉強しておいた方がいいのかしら」

美嘉「学校の勉強はしっかりしてるしたぶん大丈夫でしょ」


7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/10/04(水) 22:29:39.57 ID:Axpv9+A30

美嘉「てかそろそろ行かないとまずくない?」

奏「あら、もうこんな時間」

文香「早くしないと送ってくれるプロデューサーを待たせてしまいますね......」

美嘉「それじゃちょっと急ごっか」


8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/10/04(水) 22:32:17.09 ID:Axpv9+A30

変な終わり方ですが以上で完結になります
話にもある通り次回は162’sとしてマッスルキャッスルに出演します
相手チームのユニットはKBYDの予定ですがリクエストくれたものでピンと来るものがあれば採用します


9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/10/04(水) 23:35:23.05 ID:Axpv9+A30

次回は長くなりそうなので次まで時間かかりそうです
リクエストの他にも感想意見お待ちしてます


10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/10/04(水) 23:56:14.10 ID:Axpv9+A30

おまけ

車内

美嘉「そういえば今日の文香ちゃんの服前買い物に行った時に買ったやつじゃん!」

文香「はい、せっかくお二人に選んで頂いたものなので......」

文香「なにより、私自身が気に入ってます......」

奏「気に入ってくれて嬉しいわ」

文香「おすすめの本を一冊ずつ持ってきたのですが......」

美嘉「マジ!?どんな本!?」

文香「これは......」

ワイワイガヤガヤ

おわり


11:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/10/04(水) 23:56:51.68 ID:Axpv9+A30

最後に思いついたおまけを書いて終わり!
過去作も読んで頂けると嬉しいです

続きを読む