ミリP「俺はハイタッチがしたいのに桃子がロー○△してくる」


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 22:42:59.25 ID:JaOJBbLX0

P「桃子! お仕事お疲れ様! はい、た~っ......」

桃子「てぇぃっ!!」□○△ーッ!!!

P「ぐはぁああぁっ!!!」グサアァアア

桃子「ぅ......ほ、ほんっと、お兄ちゃんって何考えてるの!? バッカじゃないの!?」ダッ


P「......くぅ......痛い......ちくしょうっ......!」ズキズキ


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 22:46:38.78 ID:JaOJBbLX0

──────

桃子「......もう......呆れた......」


桃子「でも......お兄ちゃん、ちょっと痛そうだったな......悪い事したかも......」

春香「あれ、桃子ちゃん。こんなところでどうしたの?」

桃子「春香さん......」

春香「プロデューサーさんは?」

桃子「......それがね、春香さん............」


春香「えぇっ!? プロデューサーさんについついロー○△を!?」

桃子「うん......」


3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 22:49:12.82 ID:JaOJBbLX0

春香「いやいやいやいやいや待って。待って! そうじゃないよ、変なリアクションしちゃった! えっそれって技の名前なの!? 新曲じゃなく!?」

桃子「わかんないよ......体が勝手に繰り出してるんだもん......」

春香「勝手に出ちゃう技に新曲の名前つけるんだ......」

桃子「もう、そんなのどうだっていいでしょ!」

春香「うーん......正直全然飲み込めないんだけどそればっかりはどうにも、見てみないと......どういう状況で出るの? それ」

桃子「最近、お兄ちゃんが桃子とハイタッチしたがるの」

春香「うん。ホワイトボードに書いてたね、それ。月間目標って」

桃子「..................。 まぁ桃子も、一回くらいはしてあげてもいいと思ってるんだけど。後輩の頼みだし?」

春香「それで、付き合ってあげようとすると」

桃子「......出ちゃう」

春香「えぇ......何それ......どういうシステム......?」


続きを読む