リーリエ「我等は 姿無きが故に それを畏れ」


1: ◆3b2Ijh26fs 2017/09/27(水) 18:32:58.36 ID:ATGiy3zTO

リーリエ「..................」

マオ「どうしたのリーリエ?空なんか見上げちゃって?」

スイレン「悩みごと?」

リーリエ「ご、ごめんなさい...ちょっと考え事を.........」

マオ、スイレン「?」

リーリエ「...............雨...やまないですね...」

マオ「晴れてるよ」

スイレン「晴れてるよ」


2: ◆3b2Ijh26fs 2017/09/27(水) 18:40:57.81 ID:ATGiy3zTO

リーリエ「.........いいえ...雨は降っていますよ......」

リーリエ「.........ずっと......私達の心の中に......」フッ

マオ「心の......中......?」

スイレン「なに言ってるのリーリエ?」

リーリエ「......やれやれ、マオとスイレンにはまだ私と同じステージに立つのは早すぎましたか...ね?シロン?」

シロン「コーン」

マオ「は?」

リーリエ「..................」

もし わたしが雨だったなら

それが永遠に交わることのない

空と大地を繋ぎ留めるように

誰かの心を繋ぎ留めることができただろうか

リーリエ「..................あっ......!」

マオ、スイレン「?」

リーリエ「雨が.........」

止んだ気がする.........

リーリエ「............ふっ」

マオ「だから雨なんて降ってないってば」

スイレン「リーリエ、変」

シロン「コーン......」

3: ◆3b2Ijh26fs 2017/09/27(水) 19:00:18.94 ID:ATGiy3zTO
続きを読む