【ミリマス】君のその指にリースをはめて


1: ◆Xz5sQ/W/66 2017/10/05(木) 19:28:54.11 ID:TzvX0Up20

===
人間、柄にもないことするもんじゃない。
それと思いつきだけで行動するのもできれば止めておくべきだ。

金無いだらしない意地汚い、おまけにワガママ自分勝手。
日頃からダメ人間としての醜聞を、あらかた欲しいままにしているこの俺がだ。

ちょっとした気まぐれの結果として、こんな窮地に立たされてる。

「プロデューサー、私......!」

ああ、ああ! そんなに感極まっちゃって。
涙なんかも流しちゃって。

流石の俺にもこれは分かる。

確実に、今目の前にいるこの少女が取り返しのつかない
判断ミスを下した事が......そう! 言わずもがなさ、人生の!

「驚い......てます。でも、それと同じぐらいに嬉しくて......! どうしよう、うまく言葉が出てこない......」

そう言って、琴葉は涙も拭かずに微笑んだ。
その健気で儚い微笑みに、俺の良心がズキズキと痛む。

ああ全く、どうしてこんないい子なのに、人を見る目が無いんだか......。

スポンサーリンク




2: ◆Xz5sQ/W/66 2017/10/05(木) 19:36:19.09 ID:TzvX0Up20

===1.

事のきっかけは数日前。いつも仕事でお世話になっている、とある知り合いに呼び出されたのが始まりだった。

待ち合わせ場所のカフェにつくと、周りは若い女の子だらけ。
それもそのハズ、この店はケーキが旨いと評判で、よく事務所の子達も話題に上げてる人気店。

そんなカフェの平均年齢を一人で上げてるその人は、
店に入って来た俺の姿を見つけるとケーキを食べてた手を止めて、「こっちこっち」と声を上げた。

「呼び出されるのはいいですけど、待ち合わせ場所はもう少し考えて欲しかったなぁ。正直ここ、俺には居心地悪いっス」

相手の姿を見つけるなり、愚痴が飛び出すのは悪い癖だ。
とはいえ直せる物なら直してる、二十年来のつきあいもある悪癖で......っと、それはいいや。

この店を指定した張本人である彼......いや、彼女は俺が席に着くや。

「ちょっとお姉さんすみません、この人にエスプレッソ一つ」

「小窯さん! 自分で注文できますよ」

ガタイが良い、声が太い、口周りには髭の剃り跡も。
しかし着ている服は女物で、仕草も優雅でそつがない。

そんな彼女に声をかけられた店員が、「かしこまりました」と若干引き気味の笑顔で去って行く。


続きを読む