【ミリマス】美咲「じゃーんっ! 本日のログインボーナスは――」


1: ◆Xz5sQ/W/66 2017/09/30(土) 14:24:21.74 ID:QUkFeDDU0

※あっという間に終わります
===

近頃困った奴がいる。頭を悩ます奴がいる。
これで相手がアイドルなら、彼だって少しは強気に出れただろうが......。

「おはようございますプロデューサーさん!」

劇場事務室の扉を開ければ間髪入れずに聞こえて来る。
元気一杯の声の主、それが男の頭を悩ませる、青羽美咲なのであった。

「お、おはよう青羽さん。今日もやっぱり――」

「お疲れ様です! ドリンクあって、ジュエルがあって、マニーとレッスンチケットもあって」

「うん、うん、受け取るから。慌てなくても受け取るからっ!」

「なんとっ!! 只今スペシャルログインボーナスも――」

「実施してない! 話を聞けっ! とりあえず落ち着こう青羽さん!!」


スポンサーリンク



2: ◆Xz5sQ/W/66 2017/09/30(土) 14:25:49.70 ID:QUkFeDDU0

まるで飼い主を待っていた犬である。

人懐っこい笑みを浮かべ、
自分の傍まで駆けよって来た美咲の肩を掴み座らせる。

キョトンと瞬き一つせず、
こちらを見上げる彼女の顔から男が思わず目を逸らす。

「どうかしましたプロデューサーさん? 今日も一日頑張りましょう!」

美咲の頭には目には見えない耳があり、お尻にも見えない尻尾がついてるよう。
尻尾はフサフサした毛並み、パタパタと千切れんばかりに振られてる......実際そこに、あったらだが。


とはいえ、目には見える事実として見過ごせない物がもう一つ。
それは目の前に座る美咲の顔に、明らかな疲労が色濃く出ているということ。

髪は跳ね、目の下にくま、着ている事務服もちょいとヨレて、おまけに無駄なハイテンション。

誰がどこから見ても分かる通り、彼女は恐らく眠ってない。


続きを読む