P「なあ、貴音」貴音「はい」


2: ◆GWARj2QOL2 2017/09/28(木) 19:46:23.81 ID:iFqjA6YCO


貴音「何でしょうか」


P「まあ、とりあえず聞いて」

貴音「聞いておりますよ。心配なさらず...」

P「だったらさ、分かると思うんだ」

貴音「?」

P「まあ、ほら。今な、夜の9時だよ」

貴音「ええ。とても綺麗な星空ですね...」

P「いや、星空は良いんだ。この際」

貴音「...皆、元気にしてるでしょうか...」

P「そんな事より、今もっと目を向けることがあるぞ」

貴音「この星空以外に、何を語ることが有りましょうか...」

P「まあ、とりあえず聞いて」

貴音「?」

P「それ、俺の」

貴音「何と...」

スポンサーリンク



3: ◆GWARj2QOL2 2017/09/28(木) 19:46:56.53 ID:iFqjA6YCO

貴音「ぷろでゅうさぁのらーめんでしたか」

P「そうだよ」

貴音「しかし、机に置いてあったもので」

P「今から食べようと思ってたんだ」

貴音「しかし、何故この時間にぷろでゅうさぁが...?」

P「残業。終わったからここでそれ食べるの」

貴音「...成る程...」

P「そう。出来れば食べたい」

貴音「...今宵は、静かですね...」

P「この時間は大概静かだよ」

貴音「...この月夜を眺めながら啜るらぁめんは、格別でしょうね」

P「返せ」


4: ◆GWARj2QOL2 2017/09/28(木) 19:48:38.34 ID:iFqjA6YCO

貴音「私、39ぷろじぇくとの打ち上げにて、らぁめんの舞を披露させて頂きました」

P「見た見た」

貴音「宜しければ、もう一度ご覧になりますか?」

P「いや、もう良いよ」

貴音「さらに極めた舞を、あなた様に」

P「いやいらないいらない。とにかくそれから手を離せ。蓋に指をかけるな」

貴音「...それは、出来ません」

P「え?」

貴音「蓋を開けねば、らぁめんを食すことが出来ません」

P「返せっつってんだよ」


続きを読む