モバP「アナスタシアの魅力?」


1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 00:58:20.48 ID:bwSg3MZA0


アナスタシアさん、誕生日おめでとうございます。SSという形で応援、祝福させていただきます。
私の思うアナスタシアさんの魅力を書きました。



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/19(火) 01:02:39.19 ID:bwSg3MZA0


事務所



アナスタシア「ドーブラエ ウートラ、おはようございます、プロデューサー。」


P「おはようございます。アナスタシアさん、仮入社とはいえ北海道から来ていただき嬉しく思います」

アナスタシア「ダー。スカウト?されたときは、セルプリース、驚きました。でもあなた、とても真剣、でした」

アナスタシア「アイドル、まだよく分かってないこと、たくさんありますが、やってみます。本当にやるかどうかは後で決めれば、いいんですよね?」

アナスタシア「アー、あと、私のことは、アーニャ、でいいです」

P「分かりました、こちらでは寮で生活していただきます。では早速ですがレッスンルームに行きましょう、アーニャ」



最初のビジュアルレッスン 終了後



アナスタシア「プロデューサー、お疲れさまです。」

P「お疲れ様です、どうしましたか?」

アナスタシア「トレーナーに言われました。アーニャは、クールすぎるって。この髪とか、顔とか、そう見えますか?」

P「・・・見えます」

アナスタシア「それは寂しい、です。アーニャだって、笑うこと、ありますよ?じゃあ、楽しいこと・・・思い浮かべたら、いいですか?」

アナスタシア「ンー・・・みんなと、お喋りするの、楽しいです。アーニャは、寂しがりやですから・・・もっとウルィーブカ、ほほえむようにしますね?」



アナスタシアの魅力1
自分に正直な所
続きを読む