夏樹「NO FUN」


1: 名無しさん@おーぷん 2017/09/17(日)10:23:10 ID:iYi

悩んでいる。このところ、なにをどうしても心が振るわない。

なにをしていてもどこか宙ぶらりんとしている。

コンビニで週刊誌を買って、毎週楽しみにしている連載を数ページ捲って、その内容が頭に入ってこない。

それっぽく流し読みをして、適当な場所へ放ってしまう。

何か月か前に見つけて以来、気に入って通っていた気の利いたホットドッグが食べられるコーヒースタンド。

そこのチーズドッグを一口齧って、それで満足してしまう。

メチャクチャに旨いんだけど、なんというか、それ以上気が向かない。


2: 名無しさん@おーぷん 2017/09/17(日)10:24:09 ID:iYi

「つまり、今みたいな状況ってワケか」

テーブルを挟んで座っている涼が、アタシと食べかけのチーズドッグとを見比べている。

「まあな」

「珍しいこともあるもんだ。夏樹もおセンチになるとはね」

「本当にな。もしかすると、ちょっと長めのアレなのかもしれねぇ。まあ、そんなんは勘弁だけどな」

アタシが口元だけニヤっとさせると、涼はその切れ長の目をいっそう細くして、人差し指でテーブルの端を軽く二回叩いた。

食事の席だ、と言いたいのだろう。変にマナーにうるさいのは、涼の育ちの良さが故だ。

アタシは悪かった、のつもりで手をひらひらと揺らした。

「一言で表すとだな、楽しくない。楽しくないんだよ」

「ふーん...」

「よぉ、けっこうマジに悩んでんだ」

涼はゆっくりとコーヒーカップに手を伸ばした。

アタシもそれにつられるように、一口含む。

すっかり冷めてしまっているが、切れの良い苦みはしっかりと残っている。


続きを読む