神谷奈緒「萌え萌えきゅんっ」ドア「ガチャ」


1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 22:59:36.07 ID:E5wlVZBi0

P「......」

奈緒「......」


P「......」

奈緒「......」

P「......失礼しましたー」

奈緒「ちょっ! 待って! 待ってって! Pさん! 今のは違うんだって!」





2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 23:00:24.51 ID:E5wlVZBi0

P「まあ、うん、その......かわいかったぞ!」

奈緒「あ、ありがと......って、だから違うんだって!」

P「何が違うんだよ......」

奈緒「えーと、だから、だな......い、今のは、練習というか」

P「練習? そんな仕事、予定にないが......」

奈緒「し、仕事じゃなくて」

P「仕事じゃなく? ってことは......趣味?」

奈緒「しゅっ......み、と言えば、趣味......かも」

P「そうか。いい趣味だと思うぞ」

スポンサーリンク



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 23:01:02.40 ID:E5wlVZBi0

奈緒「その言い方、なんかむかつくな......趣味って言っても、アニメの方な。比奈さんトコで久しぶりに見て、それで」

P「やりたくなった、ってことか。......いや、やりたくなるか?」

奈緒「なったんだからしょうがないだろ。こんな感じだったよなー、とか、あと......」

P「あと?」

奈緒「あっ。......い、言いたくない」

P「どうしても?」

奈緒「......わ、笑わないなら」

P「笑わない」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/15(金) 23:01:28.79 ID:E5wlVZBi0

奈緒「じゃ、じゃあ、言うぞ? その......か、かわいいかな、って」

P「かわいい! かわいいぞ! 奈緒! 最高! かわいい!」

奈緒「だーっ! うーるーさーいーっ! だから言いたくなかったんだよー!」

P「『だから』って......つまり、俺が奈緒のことをかわいいと言うとわかっていた、ということか。うん、いい傾向だと思うぞ!」

奈緒「あー、もー! そういうのいいからー!」

P「そういうところもかわいい」


続きを読む