高垣楓「だらだら。ただ貴方と重なって」


1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/14(木) 20:23:33.75 ID:dfAozWXTO

「............ん......」


ぴちゃ、と音。

口の中。二つに折り畳んで高さを調節した枕の上へと乗せた顔、身体と同じく横へ寝かせたそこで......その口の中で、その下側の頬の内側で、小さく水の跳ねる音がする。


(......ふふ)


頬の中へと溜まったそれ......内からどんどん溢れてきて止まらない唾液や、顔の表面をなぞりながら滴り落ちて流れ込む汗、自分のもの。とろとろと滲み出すように零れてくる透明な汁、一度ずつ時間を置きながら何度も何度も注がれる真白く粘ついた液、プロデューサーのもの。自分のものとプロデューサーのもの。二人のいろいろが混ざりあったそれへ、また何度目かの液が注がれて、ぴちゃんと淫らな音を鳴らす。

ぴちゃん、と。ぴちゅ、ぴちゅ、と音。口の中で小さな音が三度四度響いて止まる。


(あ......)


開きっぱなしの唇の端からどろ、と。半透明に濁る熱い水溜まりからその上澄みが零れていく。

一度前の時よりも少ない。量も、数も。それに濃さも。最初の頃よりも......もうどのくらい前になるのかも分からない最初、一番初めの時よりもすっかり薄くなったそれ。プロデューサーから注がれたそれを受け止めて、もう限界まで溜まっていた私たち二人の混じる水が外へ。

頬の中に溜め込んでいられなくなったそれが唇の端を越えて、そのままゆっくりゆっくりと......這うように粘りつきながら頬の外を滑って、そうして枕へ染みていく。


続きを読む