【ミリマス】765学園物語B √PG

関連SS


1: ◆p7PT31uvn8zf:2017/09/14(木) 00:12:43.12 :0Mer5+amo

文化祭での対決から約1年

Pさんは大学部に行き、私は高等部へと進級した

学園の規則により、大学部と小中高の行き来は学園行事の時以外禁止されているので私は学園では中々Pさんに会えなくなっていた

だけど寂しくは無い、だって家では会えるのだから

だから私は今日も待つ

あの人の温もりを感じるために

そして

誕生日おめでとうって、言って貰うために


2: ◆p7PT31uvn8zf:2017/09/14(木) 00:13:39.56 :0Mer5+amo

9月14日

志保「静香、掃除は終わったの」

地下に行っていた志保は、戻ってくるなりそう言った

静香「もちろん」

志保「じゃあ確認しましょうか」

そう言って志保は部屋を確認する

志保「...」

窓の縁に指を滑らせ

志保「埃は...ないわね」


3: ◆p7PT31uvn8zf:2017/09/14(木) 00:14:34.11 :0Mer5+amo

テレビの画面を確認し

志保「指紋も...ないわね」

静香「ちゃんと掃除したもの」

志保「...」

志保が顎に手を当て目を瞑る

そして目を開いたかと思うと突然自分の髪を1本抜いて、床に落とした

志保「髪の毛が落ちてるから失格ね」

静香「今明らかに志保が自分で抜いて落としたわよね!?」

志保「はあ?何寝惚けてるのよ、冗談はその平たい胸とうどんだけにしたら?」

静香「お生憎様、あの人は私の胸が好きだって言ってくれたから」


続きを読む