敵紫騎士(♀)「キミのことだけは絶対に許せないよぉ。絶対にねぇ。」

1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/14(木) 02:35:32.873 ID:sjhXTLEp0.net

紫「......そうかぁ、それはそうかぁ...。フフッ、そうだよねぇ。覚えているはずないよねぇ。」

紫「だってあのときは、こぉんな仮面なんて付けてなかったんだからねぇ。.........じゃあ......」

紫「......ほら。この顔なら、覚えていてくれたかなぁ?」

紫「.........フフフッ......久しぶりだねぇ。忘れてくれるなんて、酷いなぁ。ワタシはキミのこと、一日たりとも忘れたことなんてなかったっていうのにねぇ。」

紫「キミがワタシの顔に、この決して消えない醜い傷を残して去ってから......もう、何年もキミのことを思い続けていたよぉ...?」

紫「アイツだけは殺してやるっ......絶対に、絶対にっ、凄惨極まるやり方で殺してやる...っ。血も涙もない、この世で最も無様な死に姿にしてやるってねぇ......!!」

紫「その渇望が、ワタシをここまで強くさせてくれたぁ...。キミを憎むこの気持ちが、ワタシをこの境地まで届けてくれたぁぁ...!」

紫「その点では、キミに感謝しなくちゃいけないかもねぇ。フフフッ......だからお礼に、ワタシがどれだけ強くなったか......その身にたっぷり、刻んでやるよぉぉぉぉぉぉ.........!!」

紫「フッヒ、ヒヒッ...!!やぁ、楽しみだなぁあぁぁぁ......!!やっとキミの肉をこの手で刻める......キミの血をこの舌で味わえるっ......やっとキミの心臓をっ、この剣で抉り取ることができる......!!」

紫「さァ、いくよぉぉぉ...............こ、殺してやるぅぅ.........ご、ごろぢでやるぅうううううッッ!!!!!」



続きを読む