狂科学者「ウィヒヒヒヒ!!遂に美少女型殺戮兵器の完成だァー!!!!」

1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/10(日) 19:03:45.63 :MxhzGnmXo

科学者「これで......これを......」ピッ

ゴォン......ゴォン......

科学者「おぉぉ......!! この反応......!! まさに想定通り......!!」

科学者「ウィヒヒヒ!!! 遂に......遂に完成したのだ......!!!」

科学者「最高傑作の殺戮兵器が......!!」

科学者「僕の研究を見下し、嘲笑した奴らもこれで分かることだろう......!! ウィヒヒヒヒ......」

科学者「ハーッハッハッハッハ!!! 僕こそがヒトの叡智なのだと!!!」

科学者「さぁ、目を開けろ! そして、この世の悪をお前の手で駆逐するのだァー!!!」ポチッ

殺戮兵器「――おはようございます、博士」

科学者「ウィヒヒヒヒ。僕のことがわかるのか? ん? わかるよなぁ」

殺戮兵器「はい。貴方は私を作り出した博士です」

科学者「では、お前は何をするべきなのかもわかっているな?」

殺戮兵器「はい」

科学者「では、早速始めろ!! ウィヒヒヒヒ!!!! ハーッハッハッハッハ!!!」

殺戮兵器「了解です」シャキン


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/09/10(日) 19:11:07.98 :MxhzGnmXo

殺戮兵器「目標を斬殺」ザンッ!!!!

殺戮兵器「次は目標を煮ます」コトコト

殺戮兵器「そしてこの間に別の目標を炒めます」ジューッ

殺戮兵器「博士」

科学者「なにかな」

殺戮兵器「まずは第一の成果を並べます」

科学者「......」

殺戮兵器「新鮮なうちにどうぞ」

科学者「......」

ピーッ!!

殺戮兵器「む。次の目標が炊き上がりました」

殺戮兵器「いい感じに炊き上がっている。フフフ」

殺戮兵器「どうですか、博士。この白い輝き。美しい......」

殺戮兵器「む。いけない。次の目標が焦げてしまう」

科学者(何故だ......。何故、我が最高傑作はいきなり料理を......。しかも、手際が無駄にいいじゃないかぁ。何を間違えればこんなことになるのだ......)


続きを読む