【ガヴドロ】ラフィエル「雨の日」


1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/13(水) 14:42:13.877 ID:rENk/zsn0.net

ガヴリールドロップアウト



4:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/13(水) 14:45:34.693 ID:rENk/zsn0.net

「サターニャさんは、午後から雨が降る予報だと傘を持ってこない」

天気予報を見ていないのかもしれない

見ているけれど、降水確率で邪魔だから。と

持ってこないのかも知れない

その気持ちが私に分かるとはいえませんが

雨の中、傘を持たずに走っている大人を見ると、思う

サターニャさんも、同じ気持ちで持ってこないのだろうか。と

そう思うと、少しだけ切なく思う

私はサターニャさんの気持ちが理解できない、そう言われているようで

ガヴちゃんに聞いてみると

めんどくさいだけだろーと、暢気な声で言って

そういうの時々あるしと自慢げに笑って見せた

天使でも風邪は引くのだから、自慢するようなことではないと思うけれど。

でも、そうなのかもしれないと思った



5:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/13(水) 14:46:45.887 ID:rENk/zsn0.net

「10%の降水確率の時、私はいつも空を見る」

殆どの人が今日は振降らないだろうと傘を置いてくる中

私はただ一人、傘置きに私の名前を記した傘を差し込む

今日も雨が降るようにと、”呪い”をかけて。

絶対に降るときや、絶対に降らないとき

そう言うときに天気を操作していただくことは絶対に出来ません

それは、明らかな介入となるからです

けれど、もしかしたら。と言うときなら操作していただくことができる

でも、私はいつもしようか迷ってしない

曇り空の下、玄関口でサターニャさんが「降らなかったわね」と横を通り抜けていく

それでも私は傘を握り締めたまま、役に立たなかったそれを持ち帰る

何でだろうかと考えて

その”僅かな可能性”に迎え入れて貰えないなら何もかもがダメなんだと

そう思っていることに気づいた



続きを読む