入り口に座って


1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 00:18:18.85 ID:KdxeMUnZ0

ワンマン電車の出入口に座る。迷惑行為だとわかっていても、どうせド田舎、誰も乗らない事は2年も乗っていればわかる。
ジジババは家にまで来てくれるバスを使うし、その他多数の大人達は車を使う、中学生は自転車に乗り、高校生は原付に跨る。この町で電車を活用している人間は私だけだ。
別に電車が好きなわけではない。ただなんとなく、ド田舎の原付マンセーに抗いたくなったのだ。その結果、駅までの2km半の徒歩が生まれたのも仕方ない。私が選んだことなのだ。
全部、私の選択なのだ。























2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 00:18:55.83 ID:KdxeMUnZ0

外が薄い夕焼けに染まる、出入口の適度な薄暗さに思わずウトウトしながら。目的地までの距離を思い描く。まだ先は長いのだ、山を超えて、街を渡って、その先の山の中まで進まなければならないのだ。
カバンを抱えて、スカートをももで挟んで、本格的に座り寝に入る。いいんだ、どうせ誰も乗ることはない。

いや、あるいは1人だけ。


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/12(火) 00:19:29.14 ID:KdxeMUnZ0

誰も乗ることは無いと言ったが、それは今の話である。そう、いたのだ、かつて1人だけ、私のような天邪鬼が。
私よりも少し年上で、大人の人だった、とても、綺麗な人だった。
私が捻くれるよりずっと前から捻くれていた、捻くれ者の大先輩である。
その人は一つ隣の町の人で、名前は知らない、何をしてる人かも知らないし、極端なことを言えば本当に女かどうかも分からない。めちゃくちゃ女装の上手い人かもしれない。
わかるのは、その人もまた天邪鬼で、電車の入り口が定位置であることだけだ。
最初の頃は、私も座席に座っていたけど、誰一人いない車内で座席に座るのは逆に居心地が悪いのである。貸切独り占めと考えるには、ワンマン電車は中途半端なのである。

そして、居心地の良い場所を探すうちに、あの人の反対側に立ち始めたのだ。


続きを読む