【デレマスSS】イドの開放


1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/08/30(水) 02:36:04.85 ID:a8CjtSGY0

すべてに一区切りついた。アイドルのステージも。仲間との思い出も。友情にも。仲間の失恋と、そして修復も。

全部終わって、今始まる中で。どうしても発散したい感情があふれて、私は今こうして一人パソコンのロックフォルダに彼にも見せられない思いをぶつけている。

一ノ瀬志希。私は昔から飛びぬけた天才、それが相まって変人一歩手前とも見られている。
そのせいか小さいころからいろいろ聞かれた。「なぜ化学に興味を持った?」「なぜいろんなことが理解できるんだ?」ってね。

でもみんな、そして彼も追及しなかった疑問がある。「なぜ香水に興味を持ったんだ?」ということ。たぶん皆納得したんだろう、女の子だからね。























2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2017/08/30(水) 02:36:25.34 ID:a8CjtSGY0

通り一遍に私は「いい香りが好きで、その組成は何なのか、どうしていい香りとそうでないものがあるのか知りたかった」って答えている。でもそんなわけはないんだ。
誰かに追及してほしかった。本当?って。志希、実はもっととんでもないこと企んでるんだろうって。

私、本当の愛を感じたかったんだ。そんなことができる相手と出会ったんだと気づいた。

ダッド、つまり私のパパは、私の疑問に答え教えてくれた。小さいころはその成長にとても喜んでいた。でも、私が才能に目覚めて常人ではないスピードで進化すると距離は離れていった。
娘はいずれ父親から離れていく。一緒にお風呂入ったり、抱き合うこともしなくなる。
人から聞いてそんなものなんだと思った。でも留学とかするうちに、私も相当イカれているけど、ダッドも大概だね、親子なんだねと苦笑した。
そしていつしか疑問視した。ダッドは私を愛しているのか?とね。

そんな折の11歳の夏。サマーバケーションを利用し日本へ一時帰郷した私は、想像だにしないものを聞いてしまった。ダッドとママが愛し合ってたんだ。


続きを読む